BTS(防弾少年団) K-POPニュース

【BTS】がK-POP初のグラミー賞候補!これは見ておきたい圧巻のパフォーマンスBEST5!

こんにちは^^

今やK-POPシーンを語るのに欠かせない存在になったBTS

2013年に7人組のボーイズグループ 防弾少年団(방탄소년단)としてデビューしましたが、2017年に現在のBTSに改名しました。

一糸乱れぬダンスパフォーマンスと高い音楽性が注目を集め、K-POPアーティストとして初めてビルボードチャート1位にランクインする歴史的快挙を成し遂げました。

そんな彼らがなんと音楽界のアカデミー賞とも呼ばれている、第63回グラミー賞候補に選ばれました!

今回は世界的成功を掴んだBTSの、チェックしておきたい過去の圧巻パフォーマンスをご紹介いたします!

>> ベッキョンとテテ(V)BTSは似てる?仲良し過ぎるラブラブイチャイチャ画像を公開!

世界進出を視野に入れ2017年に「防弾少年団」から「BTS」へ改名

BTSは2013年に防弾少年団というグループ名でデビューしました。

このネーミングには、10代・20代に向けられる社会的偏見や抑圧を防ぎ、自分たちの音楽を守り抜くという意味が込められています。

若者の苦しみや古いしきたりへの反抗といった、現代の若者の言葉をリリックに乗せ「若者の代弁者」とも言われていた彼ら。

ハングルでは「バンタンソニョンダン」と読むため、ファンからは「バンタン」と呼ばれていました。

しかし、徐々に彼らのパフォーマンスや音楽性が評価され、アジア以外でもヨーロッパやアメリカなどで注目を集めるようになります。

2016年には、2ndアルバム「WINGS」がビルボートチャートにてK-POPアーティスト至上最高位である26位を記録。

また、アジア最大の音楽賞であるMAMAでは、その年最も活躍したアーティストに贈られる「今年のアーティスト賞」を受賞し、防弾少年団はデビュー3年でK-POPシーンのトップアーティストに成長したのです。

韓国以外でも活動の場が増えた防弾少年団。

2017年7月には、世界進出を視野に入れるため、元々欧米で表記されていた、防弾少年団のローマ字表記の「Bangtan Sonyeondan」の略称であるBTSに改名しました。

アメリカンミュージックアワード2017ではK-POPアーティストで初めてパフォーマンスを披露

2017年3月にビルボードミュージックアワードのトップソーシャルアーティスト賞(アルバムなどの売上やSNS参加指数などのデータやファン投票から選出される賞)を受賞した防弾少年団。

この賞はこれまでジャスティン・ビーバーが6年連続受賞していましたが、その記録を破っての受賞ということで、アメリカの音楽シーンでも一気に注目を集めるようになります。

そしてBTSに改名後の2017年11月には、アメリカンミュージックアワード2017に招待され、K-POPアーティストとしては初めてパフォーマンスを披露しました。

同時にアメリカでのプロモーション活動を行い、多くの人気番組にもゲスト出演したことで、アメリカでも多くのファンを獲得することとなります。

グラミーでのパフォーマンスを経て悲願のグラミー候補に!

2019年には、音楽賞の最高峰でもある第61回グラミー賞のプレゼンターとして登場したBTS。

翌年2020年の第62回グラミー賞では、リル・ナズ・X、ビリー・レイら新世代ラッパーたちと共に“Old Town Roadオールスターズ”としてパフォーマンスを披露しました。

K-POPアーティストがグラミーのステージに立つということはこれまでにない快挙。

BTSはK-POPシーンだけでなく、世界の音楽シーンの中核を担うアーティストとして世界中から多くの注目を集めます。

そして、2021年に開催される第63回グラミー賞ではとうとう『最優秀ポップ・デュオ/グループ・パフォーマンス部門』にノミネートされるという歴史的快挙を遂げます。

グラミー賞の候補者発表の瞬間の様子は、公式twitterでも動画がアップされ、瞬く間に100万RTを超えるなど、大きな話題となりました。

まさに文字にできない喜びがこちらにも伝わってくるツイートですね!

クオリティが高すぎる!BTSの過去の名パフォーマンスをチェック!

日本ではBTSの影響で第4次K-POPが到来とも言われており、K-POPアーティストの域を超えて世界的アーティストとなった彼ら。

実はパフォーマンスのクオリティの高さはデビュー当時から注目されていたのをご存じでしょうか?

次に、最近ARMYになった、というBTSのファンにもぜひチェックしてほしい、彼らの過去の圧巻の名パフォーマンスをご紹介いたします!

地元の誇りを掛けてラップバトル!「八道江山(팔도강산)」(2013年)

2013年に披露した「八道江山(팔도강산)」のステージパフォーマンス。

ARMYからは方言ラップとも呼ばれているこの曲は、2013年にリリースされたミニアルバム「O!RUL8,2?(Oh!Are You Late、Too?)」に収録されています。

地方出身者が多いBTSですが、出身地を慶尚道と全羅道の2つのエリアに分け、お互いの地元のいいところを方言でラップするという、初期BTSを語るに欠かせない名曲なんです!

慶尚道チーム(SUGA、V、ジョングク、ジミン)と全羅道チーム(J-HOPE)に分かれていますが、RMとジンはソウルに近い京畿道出身のため、全羅道チームを応援しつつ中立という立場でラップバトルを繰り広げています。

30名のダンサーを従えた圧巻のステージ!「Danger」(2014年)

2014年のMBC歌謡大祭典で披露した「Danger」のパフォーマンスでは、白い海兵隊の衣装を着用したBTSのメンバーたちが、登場時に30名のダンサーと共に圧巻のステージを披露しています。

今では多くのダンサーたちとパフォーマンスしているステージも多いですが、当時は30名という大所帯でのステージはほとんどありませんでした。

このパフォーマンスを見た多くのファンから事務所に「振付動画を公開してほしい」という声が殺到し、事務所は後日急遽振付動画を公開しました。

大人数でも一糸乱れぬパフォーマンスや、様々なカットから撮られた振付映像、軍隊をモチーフにした動きや機関銃、戦車のキャタピラをイメージした動きなどが大きな話題を呼び、このステージをきっかけにBTSが大きな注目を集めたといってもいい圧巻のステージではないでしょうか。

K-POPラップシーンの2大巨頭のラップバトルがすごい!「Boys In Battle」(2015年)

2015年のMAMAで披露されたBlock B.とのコラボステージです。

韓国のヒップホップシーンを担うアイコンとしても名高いZICOとRMのラップバトルは、アイドルラッパーとして注目されがちな2人の実力をもろに見せつけた圧巻のステージでした。

実はデビュー前からアンダーグラウンドのヒップホップシーンで一緒に活動していたZICOとRM。

違うグループのメンバーとしてデビューを果たし、同じステージでラッパーとしてバトルを繰り広げながらお互いの健闘を称えあう姿は、ファンとしても誇りに思えますね。

初期の曲の披露にARMYも歓喜!「N.O + We are bulletproof pt.2」(2019年)

2019年のMAMAでは今年の歌手賞や今年のアルバム賞など、9部門の賞を総なめしたBTS。

パフォーマンスステージでは、なんとブラックのスーツで「N.O」と「We are bulletproof pt.2」という初期の曲を披露し、全世界のARMYが歓喜しました。

この年ではMAMAの4大タイトルを制覇したBTSですが、実は受賞のスピーチでジンは、2019年の初めに解散の話が出ていたことを明かしました。

BTSの名が大きくなるにつれて周りからの期待も大きくなりましたが、逆にその期待が彼らのプレッシャーとなってしまい、実はメンバーがそれぞれ悩んでいたようです。

しかし、世界中のARMYからの声援によって、再度前を向いた7人たち。

その7人が初期の曲を久しぶりにパフォーマンスしたことで、さらに飛躍したBTSの姿を見せられたのではないでしょうか。

炎を操ったような神ステージ!「Mic drop」(2019年)

2019年のロッテファミリーコンサートでトリを務めたBTS。

実はこの日に歌った「Mic drop」のステージで、まるで炎がBTSのパフォーマンスに合わせて操られているように見えると話題になったのです。

彼らのダイナミックなパフォーマンスに合わせた炎の演出ですが、特にVは炎を操っているかのような動きで、ファンからも「圧巻すぎる!」との声が続出しました。

常に全力でパフォーマンスをするBTSの神ステージは、まるで本物のコンサート会場にいるかのようにノリノリになってしまいますね!

K-POP史上初のグラミーとなるか!BTSの今後に注目しよう!

今回は、K-POPアーティスト初のグラミー候補となった、BTSの圧巻のおすすめパフォーマンスをご紹介いたしました。

どのステージもキレキレのパフォーマンスで目が離せないステージばかりですね。

BTSがノミネートされた第63回グラミー賞は、2021年1月31日に開催されます。

彼らがグラミーの会場でパフォーマンスするのかも気になりますね。

今後さらに飛躍するBTSの活躍をチェックしましょう!

>> BTSジミンの過去に噂された彼女や熱愛疑惑を徹底解剖! ジミンの好きなタイプは!?・・〇〇に行けばジミンに会える!? もしかしたらアナタもジミンと付き合えるかも・・

人気記事

blackpink リサ 彼氏 熱愛 写真 1

韓国ファンなら皆さんご存知、絶大の人気を誇る『BLACKPINK』。 その中でも特に人気なのがタイ出身でメンバー1の美貌とスタイルのハイスペックを兼ね備えたリサです。 >>BLACKPINKリサのスタ ...

イソンギョン ナムジュヒョク 2

韓国のモデル兼女優『イ・ソンギョン』と同じく韓流スターでモデル兼俳優『ナム・ジュヒョク』の熱愛経緯・破局原因についてお届けしていきます。 スーパーモデル出身の女優イ・ソンギョンは、長身に個性的かつかわ ...

アンヒョソプ イソンギョン 熱愛 3

韓流スターで人気韓国ドラマに多数出演のアンヒョソプとイソンギョンに熱愛の噂? そんな二人の恋の馴れ初めやきっかけは? 二人はドラマ「浪漫ドクターキムサブ2」で共演を果たしています。 作品は最高視聴率2 ...

ナムジュヒョク熱愛過激写真が流出?破局の真相も暴露 4

韓国の大人気俳優兼モデル『ナム・ジュヒョク』と女優でモデル出身のイ・ソンギョンとの熱愛報道から彼女と破局までの一連を振り返り、交際説を浮上させるきっかけとなった憶測を呼んだ写真を画像付きでご紹介してい ...

twice ツウィ 身長体重 5

TWICEメンバー『ツウィ』はメンバーの中でも背が高いですが、その身長や体重はどのくらいなのでしょうか。 他のメンバーの身長や体重と比較しながら見ていきたいと思います。 背が高くてスラっとしたTWIC ...

花郎ソヌ(ムミョン)病気がヤバい!?正体の真相で何者か暴露 6

韓国ドラマ『花郎<ファラン>』のあらすじネタバレやキャスト・感想を含め、ソヌ(ムミョン)の正体や病気と動画を日本語字幕で無料視聴する方法をご紹介していきます!   パク・ソジュン ...

7

こんにちは^^ 今や世界中で活躍するNo.1K-POPガールズグループに成長したTWICE(トゥワイス)。 男女問わず幅広い年齢層から支持されている彼女たちは、ステージパフォーマンスだけでなく、衣装や ...

8

こんにちは^^ 2021年の今年、K-POPシーンでも年男となる【クチルズアイドル】が沢山いるのをご存じですか? 実は、1997年生まれの【クチルズアイドル】はBTSのジョングクをはじめ、そのメンツが ...

9

こんにちは! ビルボードチャート1位獲得やグラミー賞のノミネートなど、K-POP人気を世界に広めたBTS。 BTSのメンバーのV(テテ)は、ビジュアルやファッションセンスの良さがファンの間でも人気です ...

恋するジェネレーション あらすじ 最終回 16話 結末 誰とくっつく 10

韓国ドラマ『恋するジェネレーション』最終回第16話の結末とネタバレあらすじやキャスト・感想を含め、動画を日本語字幕付きで無料視聴する方法をご紹介致します! [chat face="スクリーンショット- ...

twice ツウィ インスタグラム 本人 11

TWICEメンバー『ツウィ』本人がやっているインスタグラムの公式アカウントはあるのでしょうか? そんなアカウントがあったらツウィのファンとしては見逃すわけにはいかないですよね。 インスタグラムでTWI ...

-BTS(防弾少年団), K-POPニュース
-, ,

© 2021 K-media Powered by AFFINGER5