【GOT7】が新曲をサプライズリリース!今後の活動は?JYP退社後もグループは継続?!

10代から20代の日韓学生の間で人気を得ている、韓国の通販サイト「Rudgley(ラジュリー)」。韓国の最新トレンドから、日本ではなかなか売っていないお洒落なデザインが特徴です♪

また価格もお手頃で買いやすいのが最大の魅力♥

\プチプラNo.1サイト/

韓国通販RudgleyをCheck♡

こんにちは!

TWICEやstray kidsを輩出する、韓国の大手芸能事務所のJYP ENTERTAINMENT。

JYPを代表する人気ボーイズグループのGOT7が、JYPとの契約を終了したニュースが報道され、K-POPファンの間で激震が走りました。

今後の活動が注目されたGOT7ですが、なんと先日新曲をリリースし、ファンからも歓喜の声が上がりました。

彼らの今後の活動はどうなるか、ファンも気になりますよね。

今回は、GOT7の新曲がリリースされた状況や今後の活動について調べてきました!

>> TWICEやStray Kidsも受けてきた!JYPのアーティスト育成がすごすぎると話題!

デビュー7年目でJYPを退社!GOT7のこれまでの活動

2014年にJYPからデビューした7人組ボーイズグループのGOT7。

JBとJr(のちにジニョンに改名)はデビュー前にドラマ「ドリームハイ」に出演していたり、JJ Projectというユニットでデビューしており、GOT7としてデビューする前からすでに知名度も高く、注目度も高かった彼ら。

韓国、アメリカ、香港、タイといった多国籍なメンバーで構成されたボーイズグループだったため、グローバルな人気も圧倒的に高く、様々な音楽賞も受賞。

ファンクラブ名は「I GOT7」、小鳥を意味する『アガセ(아가새)』の愛称で呼ばれていました。

ドラマやバラエティなど各方面で活躍し、多くのK-POPアーティストとの交流も知られており、K-POPシーンを引っ張る人気グループのひとつとして大きく成長しました。

また、マークのお父さんがSNSでファンとフランクに交流することなども知られ、8人目のメンバーと呼ばれるほどファンに親しまれていたエピソードも。

しかし、ジャクソンが日本での活動中止を発表したり、日本FCの終了が発表されたり、日本のファンの間で今後の活動に対して不安の声が上がるようになってしまったのです。

韓国でも、GOT7の活動に対して不満を持った韓国アガセが、JYPに対して消極的なプロモーション活動の改善を求めたり、彼らに対する活動の改善要求運動を起こすなど、ファンの間でも不穏な空気が流れる事態になりました。

しかし、2020年のSBS歌謡大祭典では、2015年にリリースした「Just right(딱 좋아)」を当時と同じ衣装でパフォーマンスし、ファンを喜ばせました。

そして2021年1月には、メンバー7人全員がJYPとの契約を終了することが報道されることとなります。

JYP退社後のGOT7のメンバーの今後の活動は?近況まとめ

メンバー7人全員がJYPとの契約を終了したGOT7。

今後の活動はどうなるのか、GOT7は解散するのか、といったアガセからの不安の声も上がっていましたが、彼らは今後もGOT7としての活動を続けることを意図するかのような投稿をSNSにアップし、ファンを安堵させました。

そして、新しい事務所で活動することを発表したメンバーもおり、これからの活動も大きな注目を集めています。

JBはソロアーティストとして活動予定?

 

この投稿をInstagramで見る

 

JAY B(@jaybnow.hr)がシェアした投稿

GOT7のリーダー、メインボーカル、リードダンサーを務めていたJB。

DefsoulというネーミングでGOT7の楽曲制作も行っており、俳優としても活動した経験もあるため、実は多才なリーダーです。

JYP退社後はyoutubeチャンネルを開設。

Twitterではファンと交流したり、インスタグラムでも頻繁に更新しており、近況を知ることができます。

今後の活動に関してはまだ詳しい詳細は発表はされていませんが、人気ヒップホップレーベルと大手事務所がラブコールを送っているようで、ソロアーティストとして活動するのではないか?と言われています。

ジニョンはBHエンターテインメントと契約

 

この投稿をInstagramで見る

 

jinyoung(@jinyoung_0922jy)がシェアした投稿

GOT7デビュー時はJr(ジュニア)という芸名だったジニョン。

JYPのプロデューサー、J.Y.Parkと本名が同じパク・ジニョンという名前だったため、Jrという名前で活動していましたが、本名で活動したいということから2016年に本名のジニョンに改名しました。

韓国を代表する名門高校の京畿高校出身であることが知られており、作詞作曲歌ダンスなどオールマイティにこなし、MC業などもこなしていましたが、演技力に非常に定評があり、若手俳優としても活躍していました。

JYP退社後は、イ・ビョンホンやコ・スが所属するBHエンターテインメントへの所属が発表され、俳優として本格的に活動をすることが発表されています。

マークはアメリカで休暇後にソロ活動?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Mark Tuan(@marktuan)がシェアした投稿

リードラッパーを務めていたマークは、アメリカ出身のメンバー。

ロサンゼルスに住む家族の元に、GOT7のメンバーたちが遊びに行ったり、GOT7のメンバーたちとも家族ぐるみで仲がいいことが知られています。

マークはJYP退社後は、家族が住むロサンゼルスへ帰国。

しばらくは家族と共にロサンゼルスでゆっくりと過ごすことが伝えられています。

しかし、グローバル人気も抜群のマーク、休暇後はソロ活動を始動させるのではないでしょうか?

ヨンジェはサブライムアーティストエージェンシーと契約

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ars(@333cyj333)がシェアした投稿

抜群の歌唱力が認められ、JYP入社後7か月でGOT7のメンバーとしてデビューしたメインボーカルのヨンジェ。

2PMのジュノに似たビジュアルで、日本でもヨンちゃんと呼ばれ人気の高いメンバーです。

Arsというネーミングで楽曲制作も行っているヨンジェは、優れたボーカルセンスが評価され、JYP退社後はサブライムアーティストエージェンシーと契約したことが伝えられています。

アーティストのRAIN(ピ)や俳優のソン・ガンホなど、多彩な芸能人が所属しているサブライムアーティストは、芸能マネジメントの他にも音楽企画や広告代行業などを手掛ける総合エンターテイメント事務所。

歌手以外にも幅広いジャンルでの活動が期待されますね♡

ユギョムはヒップホップレーベルAOMGと契約

 

この投稿をInstagramで見る

 

KYUM(@yu_gyeom)がシェアした投稿

GOT7のマンネでサブボーカル、メインダンサーを担当しているユギョム。

男らしい整ったビジュアルと、明るくムードメーカー的なキャラクターが魅力です。

ユギョムはJYP退社後に、なんと人気ヒップホップレーベルAOMGとの契約が発表されました。

このAOMGは、元2PMのメンバーで韓国ヒップホップシーンを担う人気ラッパー、パク・ジェボムが代表を務める、超人気レーベル。

grayやLocoといった、今最も熱いラッパーたちが所属しており、本格的なアーティスト活動をスタートすることが伝えられています。

レーベルメイトともなる人気アーティストたちとのコラボレーションも見られるのではないでしょうか?

>> BTSのジョングクも年男!1997年生まれの【クチルズ(97’s)アイドル】のメンツがスゴすぎる!

ベムベムはタイと韓国を行き来し活動予定

 

この投稿をInstagramで見る

 

BamBam(@bambam1a)がシェアした投稿

タイ人メンバーでサブラッパーを務めるベンベン。

タイでは国民的人気を誇り、国賓級の扱いも受けるベンベンですが、同じタイ出身のBLACKPINKのリサと同じダンススクールに通っていたことから、家族ぐるみで仲がいいことが知られています。

GOT7のタイ公演も大変な盛り上がりを見せ、人気や知名度も抜群のベンベンは、JYP退社後はタイと韓国を行き来しながらアーティスト活動をするのではないかと言われています。

元JYPでWonder Girls出身のソンミが所属するMAKE USエンターテイメントと契約協議中という報道も出ているようですが、正式には発表はまだされていません。

ベンベンのグローバルな活躍がとても楽しみですね!

>> TWICEミナ彼氏と熱愛!?GOT7ベンベン写真流出で確定?

ジャクソンは個人事務所Team Wangを設立

香港出身でメインラッパーを担当していたジャクソン。

整ったビジュアルが目を惹くジャクソンですが、大変陽気で明るいキャラクターで、バラエティ番組でも大人気のメンバーでした。

また、FENDIやカルティエといったハイブランドのアンバサダーをこなすなど、ファッション業界からも注目を集めていたジャクソンですが、JYP退社後は個人事務所「Team Wang」を設立し、韓国と中国を行き来しながら活動することが伝えられています。

韓国での活動はヨンジェも所属するサブライムアーティストと提携することが発表されており、韓国でも引き続き幅広いジャンルでジャクソンの姿が見られそうですね♪

新曲「ENCORE」サプライズリリースにアガセも号泣!

JYPとの契約終了時に、グループの解散は発表しなかったGOT7。

マークもTwitterで、これは終わりではなく、新しいGOT7としてのスタートだということをツイートしたことで、GOT7は事務所を離れてもグループとして活動する可能性があることを知らせました。

《マーク ツイート訳》
過去7年間は、私の人生で最高の年でした。終わりはなく、始まりに過ぎません。
私たち7人は、最後まで私たちの最高のバージョンを皆さんに提供し続けるつもりです。

これまで所属事務所を離れたアーティストたちが、事務所の壁を隔ててグループとして活動することはほとんどありませんでした。

一部メンバーがJellyfishを離れたVIXXや、WMエンターテイメントを離れたB1A4なども、解散は名言していないものの、事務所に残ったメンバーのみでの活動をしています。

しかし、GOT7はそれぞれのメンバーが新たな事務所の所属が決まってもこのように新曲をリリースし、グループとして活動できるということは、それぞれの所属事務所がGOT7としての活動を応援しているということかもしれませんね。

新曲「ENCORE」はAOMGからリリース?

そして、JYPを離れた新生GOT7の新曲「ENCORE」は、ユギョムが所属するAOMGからリリースされたことが発表されています。

AOMGのSNSに「ENCORE」の音源リリースが掲載されたことに、アガセからも驚きの声が上がっています。

https://twitter.com/0909giza/status/1362791359493459968

韓国でも最もホットなレーベルだと言われているAOMGからのリリースということで、GOT7をあまり知らないヒップホップファンからも注目を集めています。

また元JYPのパク・ジェボムの粋な計らいにもアガセから歓喜の声が上がっているようですね♪

>> 韓国でSNSバズり度No.1!「高等ラッパー3」優勝で話題の女性ラッパー【イ・ヨンジ】を知ってる?

GOT7としての活動もソロ活動も注目しよう!

今回は、JYP退社後に新曲をサプライズリリースしたGOT7の今後の活動や、メンバーの近況について紹介いたしました。

グループとしての活動は、現在のところは発表はされていませんが、多才なメンバーが揃っているGOT7は、グループとしても今後もファンを楽しませてくれるのではないでしょうか?

また、それぞれのメンバーのこれからの活動も楽しみですね♪

今後もGOT7のメンバーたちの活躍を見守りましょう!

The following two tabs change content below.
IWON
ポップなものからヒップホップまで、オールジャンルのK-POPが大好きです。アーティストの衣装やメイクなどもチェックしています♪
本ページの情報は2019年11月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください