K-POPシーンの成功したオタクとは?実はあのアイドルは○○のファンだった!まとめ

10代から20代の日韓学生の間で人気を得ている、韓国の通販サイト「Rudgley(ラジュリー)」。韓国の最新トレンドから、日本ではなかなか売っていないお洒落なデザインが特徴です♪

また価格もお手頃で買いやすいのが最大の魅力♥

\プチプラNo.1サイト/

韓国通販RudgleyをCheck♡

こんにちは!

K-POPアイドルを応援しているうちに、K-POPアイドルになりたい!と思う方も多いのではないでしょうか?

K-POPアイドルになるには並々ならぬ努力や相当な実力がないと、その夢が叶えられない厳しい世界です。

しかし、数々の試練や困難を乗り越え、憧れのK-POPアイドルと同じステージに立つことができたK-POPアイドルもK-POPシーンには沢山いるんです。

今回は、実は○○のファンだった!という「成功したオタク」と呼ばれているK-POPアイドルを調べてきました!

>> 子供の頃からかわいすぎ♡人気K-POPアイドルが「子供の日」に公開した【子供時代の写真】をチェック♪

憧れの立場から同じ世界へ!実は○○のファンだったK-POPアイドル

 

この投稿をInstagramで見る

 

NCT Official Instagram(@nct)がシェアした投稿

今やグローバルな人気で、アジアのみならず欧米など世界中で愛されているK-POP。

彼らのパフォーマンスを見て、K-POPアイドルになりたい!と思うファンは、以前よりもぐっと増加しています。

韓国の芸能事務所は、数年前までは韓国人練習生のみの受け入れだったというところも多かったですが、今ではほとんどの芸能事務所で、多国籍な練習生が日夜トレーニングに励んでいます。

日本からもK-POPアイドルになった練習生も非常に多く、今やK-POPアイドルは若者の憧れの職業の一つにもなっているのです。

そして、K-POPアイドルに憧れて、自らもK-POPアイドルになったというファンのことを、K-POPファンの間では「成功したオタク」と呼ばれているんです!

韓国語では、「성덕/ソンドク」と呼ばれており、「성공한 덕후/ソンゴンハンドック(成功したオタク)」という言葉を略して使われています。

実はあの有名アイドルも「成功したオタク」だったり!

それでは、今K-POPシーンで活躍する「成功したオタク」だったK-POPアイドルを見てみましょう!

>> 推しアイドルと交流できる!K-POPファンにおすすめのコミュニケーションアプリまとめ

キー(SHINee)

 

この投稿をInstagramで見る

 

SHINee KEY(@bumkeyk)がシェアした投稿

K-POPシーンのトップグループとなったSHINee。

非常に高い音楽性や、パフォーマンススキルの高さ、メンバー個々のキャラクターなど、全てを兼ね備えたSHINeeは、日本でも大人気のK-POPアーティストです。

キーは、K-POPシーンで最も知り合いが多いと言われているほど、非常に人脈が広いことが知られていますが、実はキーも「成功したオタク」なんです!

キーは、元々SM ENTERTAINMENTの先輩でもあるBoAの大ファンだったことを語っており、BoAの公式ファンクラブ一期の会員であったこともお馴染みですよね。

BoAに憧れ、SMのオーディションを受け、見事合格しデビューをつかみ取ったキーのことを、BoAも知っていたようですが、なんとデビュー後しばらくはBoAとは親しげな関係性を築かず、電話番号すらも交換していなかったそうです。

BoA本人も、本当に私のファンだったの?と疑問を抱くほど、BoAに対しては冷たい態度を取っていたキーですが、実は「あまりに偉大な存在すぎて、自分にインスピレーションを与えてくれる存在でいて欲しい」ためにBoAとは親しくしなかったと語っています。

しかし、その後BoAとも親しくなり、BoAのリアリティ番組では、キーが”オタク目線”でハンディカメラでBoAのプライベートを撮影するなど、憧れの先輩と親しい関係性を実現させています。

>> 花郎『SHINeeミンホ』スホの恋は最後どうなる?!胸キュンのラストと切な過ぎる結末

ホシ(SEVENTEEN)

https://twitter.com/LuLuyukiyan95/status/1409365664251351042

SEVENTEENのホシは、先ほど紹介したSHINeeの大ファンであることが、K-POPファンの間で有名です。

ホシのシャヲル具合は、SHINeeメンバーたちも公認するほど!

SEVENTEENの楽曲の中にも、SHINeeの曲のオマージュではないかと言われているものも多く、パフォーマンスの勉強をするためにSHINeeのコンサートにも足繫く通っていることが知られています。

初めてSHINeeのメンバーと番組で共演した際には、満面の笑みを浮かべたホシの表情がファンの間でも話題となりましたが、ホシ本人も「成功したオタク」と自負しているんです。

また、SHINeeの振付師をしている日本人ダンサーの仲宗根梨乃の存在を知り、日本に非常に興味を持ち、日本語を勉強するようになったなど、SHINeeがきっかけで日本好きになったことも知られています。

>> いつ見せるの?!思わず吹いちゃう!『ユニークな特技』を持つK-POPアイドルまとめ

シウミン(EXO)

 

この投稿をInstagramで見る

 

XIUMIN(@e_xiu_o)がシェアした投稿

EXOのシウミンは、デビュー前から東方神起の熱狂的なファンだったことが知られています。

東方神起に憧れ、SM ENTERTAINMENTのオーディションを受けたシウミン。

「東方神起先輩がいなかったらEXOのメンバーになっていなかった」と言うほど、東方神起から多くの影響を受けたそうです。

SMの練習生となり、初めて東方神起の二人を見かけたときは、あまりのオーラで動くことができなかったと後に語っています。

また、デビュー後の今でも東方神起の二人に会うと、ファンの気分になってしまって緊張してしまうと話しています。

2017年には、札幌の東方神起のコンサートに韓国から参加し、会場を驚かせました。

東方神起のチャンミンとはトレーニング仲間にもなり、同じジムでトレーニングしている様子もSNSにアップされるなど、大変可愛がられているようです。

まさに、誰もが憧れる「成功したオタク」ですね!

>> 【EXO】6月7日カムバック!スーパームーンに合わせたティーザー公開がすごい!ファンの考察まとめ

カリナ(aespa)

「NEXT LEVEL」が大ヒットしているガールズグループaespa。

長身小顔でクールな印象のカリナは、神秘的なビジュアルや抜群のスタイルで女性ファンも多いメンバーです。

そんなカリナは、SMの先輩である少女時代のファンであったことを話しており、少女時代に憧れて歌手を目指すようになったそうです。

現在、少女時代メンバーの中にはSMを退社したメンバーもおり、グループとしての活動は休止していますが、なんと2020年の「ソウル歌謡大賞」でカリナの夢が叶ったのです。

「ソウル歌謡大賞」で新人賞を受賞したaespa。

実は「ソウル歌謡大賞」の司会を少女時代のスヨンがしており、aespaのメンバーはスヨンと挨拶をし、一緒に写真撮影もしたのです。

カリナは、憧れの人と会えたことに大変感激し、目をウルウルさせながら「今は少女時代、これからも少女時代、永遠に少女時代」とファンの掛け声を一人で唱えるワンシーンも。

クールな印象のカリナですが、少女のような純粋な様子に、ファンからも「かわいすぎる♡」という声が上がりました。

>> 斬新なコンセプトが話題!SMエンタの新ガールズグループ『æspa(エスパ)』プロフィール紹介

高田健太(JBJ95)

今ではK-POPシーンでも数多く活躍している日本人メンバー。

その先駆けとも言われているのが、JBJ95のケンタ(高田健太)です。

ケンタは、デビュー前に熱狂的なTEENTOPのファンだったことが知られており、女性ファンが多いTEENTOPのファンの間でも、数少ない男性ファンということでかなり有名な存在だったようです。

特にTEENTOPのリッキーの熱狂的ファンで、TEENTOPのイベント・ライブ現場には必ず姿を見せていたそうで、メンバーからも公認のファンだったことが知られています。

「PRODUCE101」の出演をきっかけに人気に火が付き、K-POPアイドルとしてデビューをしたケンタ。

デビュー後は大ファンだったリッキーにも会うことができ、なんと一緒に大阪旅行に行くまでの仲に!

ファンからは「本物の世紀のソンドク(成功したオタク)」「幸せなソンドク」と言われており、その仲睦まじさは思わず微笑んでしまうほどです。

>> 高田健太オタク時代発見!昔の私服画像が流出

ミヤ(公園少女)

韓国、日本、台湾というグローバルなメンバーで、人気を集めているガールズグループの公園少女。

メインダンサーのミヤは、ボーイッシュなビジュアルとクールな雰囲気が人気のメンバー。

デビュー前にK-POPのカバーダンスグループのメンバーとして、大変有名だったことが知られています。

23歳でK-POPアイドルデビューをしたという遅咲きのミヤですが、中性的な雰囲気で抜群の存在感が魅力。

ミヤは、実はVIXXのファンで、デビュー前は「BAXX」というVIXXのカバーダンスグループで活動していました。

BAXXでは「PAO」という名前で活動しており、LEOのパートを担当していたようです。

VIXX本人の前でもコピーダンスを披露した経験があり、VIXXのカバーダンスをしていたことがきっかけで、アイドルになりたいという夢を持つようになりました。

しかし、20歳を超えて日本でアイドルになるには限界を感じ、韓国へ渡り、無事デビューを果たしました。

VIXXのラビのラジオ番組に出演したミヤは、そのことをラビに話し、なんとラビと二人でVIXXのダンスをパフォーマンスすることに!

憧れのアーティストとの共演に、クールなイメージのミヤも嬉しそうな表情を見せました。

>> K-POP界No.1の人脈王!【BTS】V(テテ)の交友関係が広すぎる!気になる人脈を公開!

リュジン(ITZY)

K-POP第4世代の中でも圧倒的人気を誇るITZY。

公開オーディション番組出身のグループが多いJYPのグループの中で、唯一オーディションではなく突如デビューが発表されたITZYですが、センターのリュジンは、数々のオーディション番組に出演経験がある実力派。

リュジンは、スカウトによってJYPの練習生になったことが知られていますが、ファンの間で話題となったのが、そのスカウト場所。

実はリュジンがスカウトされたのは、GOT7のファンミーティング会場。

お姉さんと一緒にGOT7のファンミーティングに参加していたリュジンは、なんとファンミ会場でJYPからスカウトされ、そのまま練習生として入社したという、まさに成功したオタクなんです!

ファンミ会場のトイレでJYPのスカウトマンに声を掛けられたリュジンは、最初は疑っていたものの、スカウトマンがかわいらしかったので連絡先を交換したと話しています。

その話をしたのがGOT7のヨンジェのラジオ番組だったということで、GOT7のファンもリュジンを応援しているというファンが多いようです。

また、ITZYのマンネのユナもリュジンと同じく、KBS歌謡祭に行ったところをスカウトされたことを話しています。

これは、ユナのお姉さんがBTOBのファンでお姉さんと一緒に歌謡祭に行った時に、スカウトマンに声を掛けられたことを語っています。

JYPは、コンサート会場でも頻繁にスカウトをしており、今後も「成功したオタク」がどんどん誕生するのではないでしょうか?

>> NCTヘチャンとITZYリュジンに熱愛騒動が浮上!二人は付き合ってるの?噂を検証!

ジェイン(MOMOLAND)

 

この投稿をInstagramで見る

 

제인(@janeeexxyeon)がシェアした投稿

K-POPアイドルの中でも、ファンから支持される「成功したオタク」として知られているのが、MOMOLANDのジェインです。

IZ*ONEの矢吹奈子に、あまりにもかわいいからと声をかけ仲良くなったというジェインは、気さくなキャラクターが魅力。

そんなジェインですが、デビュー前にINFINITEのエルとソンギュのファンだったことが知られています。

しかし、ただのファンだったわけでなく、なんと「BABY’S BREATH」というエルのペンカフェのホームマスターをしていたのです。

ペンカフェもかなり有名だったようで、今でもジェインがホムマ時代に撮影したエルの写真を見ることができるんですよ♪

こちらが、ジェインがホムマ時代に撮ったエルの写真です。

この他にも空港での写真などもあり、ホムマとしてかなり積極的に活動していたようです。

ホムマとして活動していたジェインは、カメラにも大変詳しく、時には自分のホムマがどんなカメラを使っているのか確認したり、ホムマに撮影の仕方をアドバイスすることも。

ホムマとしての経験があるため、ファンがどんなことをしたら喜ぶかということも熟知しており、ファンサービスも大変良いというジェイン。

成功したオタクが、自分のファンに神対応をするという理想的な形を実現している、理想のアイドルですね♡

>> K-POPシーンに欠かせない存在!【ホームマスター】って何?K-POPアイドルとの関係性は?

ユウタ(NCT)

SM ENTERTAINMENTで初めての日本人練習生となった、NCTのユウタ。

16歳の時にSMのグローバルオーディションに参加し、合格したというユウタは、オーディションに参加したことを両親に伝えていなかったため、韓国に渡る直前に初めて両親にそのことを打ち明けたエピソードが知られています。

小さい頃はサッカーに明け暮れており、他の練習生たちと比べると、ほとんどダンスの経験がなかったというユウタは、14歳の時にテレビで東方神起を見て衝撃を受け、それ以来東方神起のファンに。

ユウタのお母さんが東方神起のファンだったこともあり、東方神起に憧れを持ったユウタは、韓国語が全くできないまま韓国へ渡りました。

特に東方神起のユノは、NCTのメンバーたちが練習生時代から彼らのことを見守っており、入隊中もNCTのメンバーたちを気に掛けたり、ユウタもユノに大きな感謝を持っていると話しています。

また、ユウタのラジオ番組にチャンミンが出演した際は、チャンミンが日本で活動する際に、異国で生活する苦労を分かっており、ユウタの苦労も相当なものだっただろうと話しました。

>> Instagramフォロワー数500万人!世界が注目する【NCTユウタ】の魅力を徹底解剖♡

ボムギュ(TOMORROW × TOGETHER)

TOMORROW × TOGETHERのボムギュは、デビュー前からBTSのVの大ファンだったことが有名です。

元々はアイドルになるつもりはなく、車のデザイナーになりたかったボムギュ。

多くの事務所からスカウトを受けたものの、BTSの所属しているBIGHITは、ボムギュのためにオーディションを開催し、無事BIGHITの練習生となりました。

実はボムギュとテテは共通点が多く、大邱出身、AB型、そしてビジュアルや雰囲気も似ているとファンの間では話題の二人でした。

ボムギュが練習生時代から、テテはTXTのメンバーたちのことをよく気にかけており、ボムギュ自身も、テテのパフォーマンスを非常に参考にしていたそうです。

https://twitter.com/iru_bts_luv4/status/1295721301269602304

ボムギュが、BTSのカバーパフォーマンスでミスをした際には、テテがボムギュを優しく励ます姿も。

そして、ボムギュがヨンジュンとV LIVEをした際には、テテが急遽V LIVEに飛び入り参加したことも!

これにはボムギュも大変驚いており、ファンの間でも「驚いているTXTの二人がかわいい!」と話題になりました。

BTSではやんちゃな一面も見せるテテですが、後輩のTXTのメンバーたちにはいいお兄ちゃんとして接しているようです。

デビュー前から憧れていたテテからアドバイスされたり、可愛がられているボムギュは、成功したオタクに認定です!

>> 可愛すぎるビジュアルが魅力♪イェッポ(예뻐)♡なフェイスの男性K-POPアイドルまとめ

U-NEXTで「SEVENTEENプロジェクト」を見よう!

今や大人気ボーイズグループに成長した「SEVENTEEN」

デビュー前の彼らに密着した番組がU-NEXTに登場!

\ U-NEXTで好評配信中! /

SEVENTEENプロジェクト

K-POP界にその名を馳せるSEVENTEENのデビュー前に密着した番組。

平均年齢17歳、13人のイケメンたちで結成されたボーイズグループ・SEVENTEEN。

本格的なデビューを目の前にして、彼らは数々のミッションを課せられる。

夢のステージに立つため、彼らはミッションに挑戦し、し烈な戦いとトレーニングを重ねていく。

作曲、作詞、振付など、全てを自らの手で形にしていくメンバーたちの才能と成長、デビュー前の苦悩など、彼らの隠れざる一面も見ることができます。

VOD配信サービス「U-NEXT」なら、好きな時に好きな場所で人気コンテンツが楽しめます!

話題の韓流ドラマも配信中です♪

\  話題のコンテンツ・韓流ドラマも毎日見放題!

U-NEXTは初回31日間が無料!

見たいコンテンツをチェックし終わって無料期間中に解約すれば、完全に無料視聴が可能!

解約金などは一切かかりません!

☆映画、ドラマ、アニメなど210,000本配信!
※見放題作品190,000本、レンタル作品20,000本(2020年7月時点)

☆最新映画から海外ドラマ、韓流ドラマ、キッズ向け作品まで配信中!

>> U-NEXTで『SEVENTEENプロジェクト』を今すぐ無料視聴する

K-POPアイドルが憧れの推しと同じステージに立つための努力は想像以上!

今回は、成功したオタクと呼ばれているK-POPアイドルをご紹介いたしました。

デビュー前には純粋なファンだったK-POPアイドルたち。

厳しいトレーニングを経てデビューを果たし、憧れのアイドルと同じステージに立つことは、大変素晴らしいことですよね♪

これからも夢を実現した「成功したオタク」であるアイドルたちを応援しましょう♪

>> 【THEBOYZ】リア恋ファン続出♡ソヌのV LIVEがすごすぎると話題に!気になるその内容とは?

本ページの情報は2019年11月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください