ボーイズグループ頂上決戦『KINGDOM』優勝はStray Kids!パフォーマンスまとめ

10代から20代の日韓学生の間で人気を得ている、韓国の通販サイト「Rudgley(ラジュリー)」。韓国の最新トレンドから、日本ではなかなか売っていないお洒落なデザインが特徴です♪

また価格もお手頃で買いやすいのが最大の魅力♥

\プチプラNo.1サイト/

韓国通販RudgleyをCheck♡

こんにちは!

2021年4月にMnetで放送された『KINGDOM』

K-POPシーンで活躍中の6組のボーイズグループが、様々なテーマに沿ってパフォーマンスを披露し、ボーイズグループの頂点を決めるカムバックサバイバル番組です。

3か月間の競演で、Stray Kidsが優勝を決めました!

今回は『KINGDOM』のこれまでの伝説のパフォーマンスやエピソードをご紹介いたします!

>> MCは東方神起!iKONも出演?カムバックサバイバル番組『Kingdom』詳細が発表!

奇跡の競演も実現!K-POPボーイズグループの頂点を競う『KINGDOM』

Mnetで放送されたボーイズグループのカムバックサバイバル番組『KINGDOM』。

2020年4月にスタートした『KINGDOM』の前哨戦『Road to KINGDOM』からスタートし、ロキンを制したTHE BOYZの参加が確定されていました。

その後、Stray KidsやATEEZ、SF9といった今、K-POPシーンを最も賑わせるグループや、BTOBやiKONといったすでにレジェンド級のアーティストの出演が発表され、注目を集めました

また、MCを東方神起が務めるなど、その豪華な競演が放送前から話題となっていたこの番組。

放送後も様々なトラブルが浮上するなど、放送自体をファンからも不安視されましたが、『KINGDOM』関連のタグがTwitterで放送日に毎回、世界トレンド1位を獲得するなど、グローバルな人気も凄まじく、その注目度もぐんぐんと上昇。

壮絶な競演の結果、Stray Kidsが『KINGDOM』の頂点を制しました。

Stray Kidsのリーダーであるバンチャンは、『先輩後輩たちの「ステキ(ATEEZ)」なステージを通じて、謙虚に「列を崩さず休み(iKON)」ながら、「息(SF9)」を深く吸って、「KINGDOM COME(THE BOYZ)」を待ちながら、僕たちStray Kidsの「Finale(BTOB)」を「WOLFGANG(Stray Kids)」のように見つけていきます。』と、出演者がファイナルステージで披露したタイトル曲を取り入れた優勝者コメントを述べました。

優勝したStray Kidsは、優勝賞品として、Mnetが制作する単独リアリティー番組とスペシャルショーの出演権利を得ました。

>> J.Y.Parkが認めた天才リーダー!【Stray Kids】のバンチャンのカリスマ力を徹底解剖

各グループのセンスが光った100秒パフォーマンス

『KINGDOM』では、対面式で披露された100秒パフォーマンス、1次~3次バトル、チームバトル、そしてファイナルバトルのステージが用意されました。

バトルに加えて視聴者投票や動画再生回数が考慮され、1位になったグループにはベネフィットがプラスされ、順位が決定します。

評価方法は以下のようになっています。

  • ファン投票(グローバル投票含む):40%
  • 動画再生回数:10%
  • 自己評価(出演グループによる投票):25%
  • 専門家30人(振付師・評論家・現役アーティストetc)による評価:25%

100秒パフォーマンスは、youtubeで生配信され、出演者たちは一発勝負の生パフォーマンスを披露しました。

100秒間で貫禄を見せたBTOBの圧倒のステージ

パワフルなパフォーマンスを披露する若手アーティストが目立つ中、注目を集めたのが、BTOBのパフォーマンスです。

シンプルなホワイトの衣装とスタンドマイクのみで登場したBTOB。

圧倒的な歌唱力で若手グループたちを圧倒し、デビュー10年目の貫禄をアピールしました。

初の総合順位では、Stray Kidsが1位となりました。

>> 『KINGDOM』出演で新たなファンを獲得!【BTOB】プロフィールやオススメ曲をご紹介♪

自らの曲の魅力を新たに見せた1次バトル「TO THE WORLD」

出演グループの自らの曲を新たな表現でパフォーマンスする「TO THE WORLD」というテーマで行われた1次バトル。

それぞれのグループが、これまでに披露してきた自分の曲を、新たに練り直し、アレンジや振付などをすべて再構築して披露しました。

1次バトルで注目を集めたのは、ロキンの覇者であるTHE BOYZ。

人気曲でもある「No Air」を披露した彼らは、空気のない状態での心境を表現し、水中でのパフォーマンスも披露しました。

1次バトルでは、ATEEZが1位となり、Stray Kidsをトップの座から引きずり下ろしました。

>> 2021年期待のボーイズグループ【ATEEZ】の快進撃が止まらない!メンバープロフィール紹介

他グループの曲をオリジナルにアレンジした2次バトル「RE-BORN」

出演している他グループの曲をカバーし、新たなアレンジで披露した2次バトル「RE-BORN」。

前回の順位の上位グループから、カバーしたいグループを選択し、カバーするグループの曲を、自分たちなりの表現でパフォーマンスをしました。

今のK-POPシーンをときめく顔ぶれが揃っている『KINGDOM』ですが、視聴者だけでなく出演者たちをも圧倒したのが、BTOBが披露したStray Kidsの「BACK DOOR」のカバーです。

Stray Kidsの曲の中でも大ヒットとなったこの曲を、力強いパフォーマンスでリアレンジしたBTOB。

特に注目なのは、ミニョクがタンクトップを破り、美しい肉体美を披露したエンディング!

鍛えられた肉体美に、出演者たちからも大きな歓声が沸き上がりました。

2次バトルの投票では、やはりATEEZが強く、今回も1位を維持しました。

>> MC降板から制作費問題までファンも炎上?カムバサバイバル番組Mnet『KINGDOM』を巡る様々なトラブルまとめ

グループの枠を超えたコラボステージが話題となったチーム対抗バトル

ATEEZ・Stray Kids・BTOBによる「メイフライ」とiKON・SF9・THE BOYZの「イッツワン」の2チームに分かれて、対戦したチームバトル。

ダンサーチーム、ラッパーチーム、ボーカルチームの3つに分かれ、オリジナルのパフォーマンスを披露しました。

運動会でチームとしての絆を深めた6組の出演者たち。

チームバトルでも、それぞれの個性を発揮した圧倒的なパフォーマンスを披露しています。

iKONバビ率いるラッパーチームのパフォーマンスが話題に!

チームバトルで特に注目を集めたのが、ラッパーチームによるバトルです。

特にiKONバビ、SF9フィヨン、THE BOYZソヌによるユニットは、それぞれ実力派ラッパーが集まった精鋭チーム。

「SHOW ME THE MONEY」で優勝経験のあるバビと「高等ラッパー」に出演経験のあるフィヨンとソヌは、アイドルラッパーの枠を超えたパフォーマンスで、視聴者からも高い注目を集めたのです。

ラップステージへの渇望があり、バビにラッパーとしての憧れを抱いていたフィヨンとソヌの気持ちを、バビがプロデュース。

『KINGDOM』のステージとしてではなく、アーティストが作り上げたステージとして高い評価を得ました。

>> 【THEBOYZ】リア恋ファン続出♡ソヌのV LIVEがすごすぎると話題に!気になるその内容とは?

豪華ゲストのサプライズ登場で出演者も驚いた3次バトル「NO LIMIT」

3次バトル「NO LIMIT」では、チームバトルの他に、グループパフォーマンスも披露する2ラウンド制。

グループパフォーマンスでは、iKONによるBLACKPINKのカバーが話題となりました。

なんとこのパフォーマンスでは、BLACKPINKのリサがサプライズ出演!

圧倒的なカリスマ性と存在感をアピールし、パフォーマンスを披露したリサ。

出演者たちもリサが放つ強烈なオーラに言葉が出ないほどの衝撃を受け、視聴者からも「リサ最高!」とコメントがSNSに殺到しました。

Twitterでは「#iKONxLisaOnKingdom」というタグが世界1位になるほど!

これまで実現しなかったiKONとBLACKPINKのコラボレーションは、『KINGDOM』ならではですね!

>> ハイブランドも注目!【BLACKPINK】を世界のファッションアイコンにしたスタイリストとは?

グループのすべてを掛けた渾身のステージ!ファイナルバトル

テーマ別バトルが終了し、残すはファイナルバトル。

ファイナル直前の番組終了後に、出演グループ6組のファイナルソングが公開されました。

ファイナル放送日までに、各グループの曲のストリーミング回数もファイナルのポイントに加算されるということで、ファンたちもストリーミングをするよう呼び掛ける声がSNSでも多く見られました。

音源ストリーミングでは圧倒的だったTHE BOYZ

『KINGDOM』では順位が思わしくなかったTHE BOYZですが、ファイナルでは「KINGDOM COME」の音源ポイントが他のグループと比べて圧倒的でした。

なんと音源チャート「Ginie」では、BTSの「Butter」を抜いて1位にもなった彼ら。

ファイナルでは放送中にグローバル投票も開催され、順位の変動の可能性も大いに考えられることから、全く勝者が予想できない事態となった『KINGDOM』。

そしてこの戦いを制したのはStray Kidsでした。

しかし、出演グループそれぞれが自らが持つすべてを出した渾身のパフォーマンスを披露し、お互いを称えあう姿が見られ、ファンにも感動を与えました。

こうして、3か月にわたったK-POPボーイズグループのバトルは幕を下ろしました。

>> 【ネタバレあり】THE BOYZヒョンジェ初主演!ドラマ『あなたのMBTIが見える』あらすじ

K-POP史上最大の戦いをもう一度!『KINGDOM』ABEMA配信中!

『KINGDOM ~LEGENDARY WAR ~』

K-POPシーンを賑わせる人気ボーイズグループ6組が、激突するカムバック戦争「KINGDOM」。

MCはKING OF K-POPとしても知られる東方神起!

ABEMAでは、日本語字幕版を配信中です!

あの感動のバトルを見るならABEMA!

↓↓↓ 視聴はこちらから ↓↓↓

見逃した番組や人気作品が見放題【ABEMA】

話題の韓流ドラマやABEMAオリジナルのK-POPコンテンツも満載!

オリジナルエピソード数は日本No.1!

様々なジャンルにわたる常時20チャンネル以上をご覧いただけます!

ABEMAなら2週間無料視聴可能!

2週間以内に解約すれば、解約金などもかかりませんので、完全無料で視聴が可能です。

・25種類(2021年1月現在)もの専門チャンネルがインターネット上で24時間楽しめる!

・スマートフォンやPC、タブレット、主要なテレビデバイスに対応!

・韓流やアニメ、ドラマなど多彩なジャンル!国内最大のチャンネル数!

ABEMA プレミアムならもっとスゴイ! /

月額960円の有料プラン「ABEMAプレミアム」に加入すれば、ベーシックプランの機能に加えてさらに機能がプラス!

さらに、ABEMAプレミアムに初めて登録する場合に限り、2週間は無料で利用することができます。

無料期間終了日時の24時間前までに解約すれば、料金が請求されることはありません。

・有料ビデオを含む全番組の視聴(一部コンテンツを除く)

・「ダウンロード」「おっかけ再生」「見逃しコメント」などの機能をサポート

・登録後に「デバイス連携」すると、他のデバイスでも同様にABEMAプレミアムを楽しめます!

↓↓↓ 視聴はこちらから ↓↓↓
468×60

『KINGDOM』を制したStray Kidsの活躍をチェックしよう!

今回は、カムバックサバイバル『KINGDOM』のこれまでのエピソードやパフォーマンスについて振り返ってみました。

サバイバルやバトルというワードが使用されているため、グループ同士がライバルとなって競演していたとも思われがちなこの番組。

しかし、実際のところは出演者たちは大変和気あいあいとしており、同じ志を持つK-POPアーティスト同士として刺激を受けあい、親交も深まったようです。

今後も、様々な場面でコレボレーションが見られたりすることもあるかもしれませんね♪

今回の覇者となったStray Kidsは、リアリティ番組やスペシャルショーも予定されているので、ぜひチェックしましょう!

>> 【Brave GirlsやEXIDも!】数年前の曲がチャート1位に?!『チャート逆走』現象とは?

本ページの情報は2019年11月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください