HYBEのガールズグループをプロデュース?SHINeeも手掛けた元SMアートディレクター【ミン・ヒジン】とは?

20代から30代のオトナ女子の間で人気を得ている、レディース韓国ファッション通販サイト「Rudgley(ラジュリー)」。韓国の最新トレンドから、日本ではなかなか売っていないお洒落なデザインが特徴です♪

また価格もお手頃で買いやすいのが最大の魅力♥

\韓国通販ファッションNo.1サイト/

韓国通販RudgleyをCheck♡

こんにちは!

BTSの世界的ブレイクで、今最も注目度が高い韓国の芸能事務所といえばHYBEです。

新たなガールズグループのデビューや様々なプロジェクトの開催も予定されており、K-POPのみならず世界の音楽業界からも注目をされています。

現在HYBEでは、SM ENTERTAINMENTのアートディレクターだったミン・ヒジン氏がCBOを務めており、彼女のプロデュースする新たなグループがデビューするのではないかと話題になっているのです。

今回は、ミン・ヒジン氏がSM時代に手掛けたアートディレクションや彼女の経歴について紹介いたします。

>> 宮脇咲良が韓国へ!HYBEと契約?元IZ*ONEチェウォンと新たなガールズグループ結成&デビューか?

SMのアートディレクターだったミン・ヒジンがHYBEへ電撃移籍!

 

この投稿をInstagramで見る

 

KRYSTAL(@vousmevoyez)がシェアした投稿

ミン・ヒジン氏は1979年生まれの現在42歳。

2002年にSM ENTERTAINMENTに入社し、数々のSMアーティストのアートディレクションを手掛けてきました。

SMのアートディレクションでは、どのアーティストも「コンセプト」が毎回話題になっています。

今では当たり前になっているK-POPアイドルのコンセプトですが、実はこのコンセプトドルというものを作り出したのも、ミン・ヒジンが最初だと言われています。

彼女は、自分が考えたコンセプトを自らイ・スマン氏に提案し、数多くのディレクションを手掛けていきました。

そして、SMの取締役にまで上り詰めたのです。

芸能事務所の社内で働いていたいち社員が取締役までになるということは大変珍しく、特に女性がトップにまでなったのは、ミン・ヒジン氏とYGのジウン氏(BIGBANGの元スタイリスト)くらいではないかと言われています。

それほどSMの成長に尽力を尽くしていた彼女ですが、2019年のSM ENTERTAINMENTの役員一覧に彼女の名前がありませんでした。

というのは、なんと2019年にSMからHYBEへ電撃移籍したのです!

彼女が移籍した当時は、まだHYBEがBigHit時代で、BTSの人気が海外でも急激に上がってきたときでした。

BigHitは2021年にHYBEに社名を変更し、本社を龍山区の龍山トレードセンターへ移転。

この新社屋は地下7階から地上19階にわたる、龍山の新たなアイコンとなるビルだと話題になりましたが、この新社屋の空間ディレクションもミン・ヒジン氏が手掛けていると言われています。

また、BigHitに入社するにあたり・会社のリブランディングプロジェクトを完遂すること・ガールズグループのロンチング・ミン・ヒジンのレーベルをロンチングの3つを提案されており、会社のリブランディングに関しては、HYBEにリブランディグされたことで多いに彼女が関わっているようです。

今後も、ガールズグループのプロデュースが予定されており、彼女の独特な世界観を取り入れたガールズグループの登場が非常に楽しみですね!

>> 世界の企業へ成長!Big Hitが『HYBE』へ社名変更!BTSら所属アーティストへの影響は?

現HYBEのミン・ヒジンがSM時代に手掛けたアートディレクションとは?

現在はHYBEで手腕を振るうミン・ヒジン氏ですが、SM時代は非常に数多くのアーティストのアートディレクションを手掛け、毎回そのビジュアルやコンセプトが話題となりました。

アイドルという枠を超え、まさにアートを感じさせるクールな彼女のアートディレクションは、部屋に飾っても様になるおしゃれさだと言われています。

それでは、ミン・ヒジン氏が手掛けたSMのアーティストのアートディレクションを見ていきましょう。

少女時代

まさに、ミン・ヒジン氏の手によってスターダムに上がったと言っても過言ではない少女時代。

ちょうどミン・ヒジン氏がSMに入社した年にデビューした少女時代は、ミン・ヒジン氏の最初のコンセプトドルなのです。

美脚をアピールした、スキニーパンツのそうそうたるビジュアルは、日本でも話題となりましたよね。

彼女たちの美しさを最大限に引き出した少女時代のビジュアルは、まさにミン・ヒジン氏の代表的な作品と言えるかもしれません。

SHINee

ミン・ヒジン氏のセンスが最大限に引き出されているのが、SHINeeのアートディレクションです。

ミン・ヒジン氏が初めて自分の意思が100%出せたアートディレクションだと言われているSHINee。

特にステージでのセールスポイントを増やすことを念頭に置いていた彼女は、SHINeeのデビュー曲では、テミンがステージでフードをかぶる演出をすることにポイントを置き、これがファンの間で大変話題となったのです。

SHINeeのアートディレクションで使用された様々なカラフルな色合いは、当時のK-POPアーティストのアートディレクションでは大変珍しいものでした。

「Dream Girl」ではMVのディレクションも手掛け、まさにSHINeeの大ヒットの立役者でもあるんですね。

f(x)

ミン・ヒジン氏が最も力を入れていたともいわれているf(x)。

特にクリスタルにとっては、ミン・ヒジン氏は会社内での一番の理解者とも言われており、彼女がHYBEに移籍した際もInstagramでエールを送ったことが知られています。

f(x)のコンセプトに関しては毎回「典型的ではない風変わりな美しさ」を描き出したかったという彼女。

その通り、体操服を取り入れたアートディレクションや光を利用した独特な世界観を描いたf(x)のコンセプトは、毒々しく儚いというイメージが強く、女性からの支持が大変高いものでした。

Red Velvet

アートディレクションだけでなく、MVの制作も担当していたRed Velvet。

f(x)とは違って、カラフルでポップな世界観が強いイメージですよね。

海外の映画に出てくる少女たちのようなキュートで、時に残酷さを感じさせる彼女たちのアートディレクションは、独創的なミン・ヒジンの世界観が十分に発揮されています。

EXO

リパッケージアルバム「XOXO」の大ヒットで、一躍K-POPシーンのモンスターグループとなったEXO。

それまではストリート感を感じさせるビジュアルでしたが、制服に身を包んだスクールボーイコンセプトが見事に当たり、世界中の女性たちを熱狂させました。

また「XOXO」の世界観をそのままリアルにしたポップアップカフェは、一軒家を男子校のドミトリーをイメージしたショップ&カフェに。

あちこちに隠されたEXOのメンバーのサインや落書きなど、まるでEXOのメンバーと一緒にいるような空間を作り出したこのポップアップカフェは、当時大きな話題となりました。

その後もトップアーティストとなったEXOのディレクションを手掛けていたのは、ファンにもお馴染みですよね。

NCT DREAM

NCTはデビュー当初にかかわっていました。

彼女の手腕が発揮されているのが、NCT DREAMの「chewing gum」のアートディレクションです。

まだ当時10代だったNCT DREAMのメンバーたちを、パブリックスクールのようなビジュアルに仕立て上げたアートディレクションは、とにかくかわいい!と言う声が上がるほどの人気に。

男性K-POPアーティストといえば、クールで男らしいというイメージが強いですが、そのイメージを一切捨て、ひたすらチャーミングでポップな世界観を作り出したのです。

このコンセプトが話題となり、見事デビューから人気を得たNCT DREAM。

今ではすっかり大人の男性に成長しましたが、ポップな世界観はいまだに保っており、多くの人気を得ています。

>> 【NCT127】9月17日にカムバック!昼は工業大学生・夜はハッカーのコンセプトが話題に!

dTVならライブ映像やMVなどSHINeeのコンテンツが充実!

\ dTVで好評配信中! /

SHINeeの1stJAPAN TOUR他ライブ映像やMVも配信!

K-POPシーンのトップに君臨するSHINee。

韓国のみならず、グローバルに活躍するSHINeeのコンテンツがdTVで配信中です!

貴重な1stJAPAN TOURのライブ映像や、リアリティ番組など様々なSHINeeの一面を楽しめます♪

映画やドラマ、音楽ライブまで話題作を追加中!

話題の韓流ドラマも独占配信中!

\  コスパで選ぶならdTVに決まり♪ 

・dTVは初月無料おためし実施中!

初めての方なら、初月は無料でdTVが楽しめちゃいます♪

無料お試し期間後も、月額550円でオールジャンルのコンテンツが楽しめます!

初月無料おためし期間に退会した場合も、利用料金は一切かかりません。

☆子供から大人まで楽しめる話題のコンテンツやドラマ、アニメ、キッズ向け作品まで配信中!

・dポイントが使えるからお得に楽しめちゃう!

dTVは、dポイントで最新作がレンタルできちゃう!
さらに、dポイントがもらえるお得なキャンペーンも実施中!

・ディズニープラスやDAZNと組み合わせてお得なセットもご用意!

dTVだけでは少しもの足りないアナタに。

ポイントバックや割引サービスが充実したセット入会がオススメ!

>> dTVでSHINeeのコンテンツを今すぐ無料視聴する

HYBEのグループもプロデュース?元SMのミン・ヒジンはK-POPシーンを塗り替えるのか

今回は、HYBEのCBOを務めるミン・ヒジン氏が、SM ENTERTAINMENT在籍時に手掛けた数々のアートディレクションについてご紹介いたしました。

SM在籍時にも、多くの芸能事務所から引き抜きの声が絶えなかったという彼女。

まさに今のSM ETNERTAIMENTの大ヒットの立役者に違いありませんね。

現在は、HYBEで新たなガールズグループのローンチを予定しており、その動向も注目されています。

K-POPシーンを塗り替えそうな彼女の今後の展望にもぜひ注目です。

>> ハイブランドも注目!【BLACKPINK】を世界のファッションアイコンにしたスタイリストとは?

The following two tabs change content below.
本ページの情報は2019年11月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください