Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

青い海の伝説動画11話日本語字幕フルを無料視聴するには?

青い海の伝説 動画 11

韓国ドラマ『青い海の伝説』第11話のあらすじネタバレや感想を含め、動画を日本語字幕で無料視聴する方法をご紹介していきます!

 

また併せて『青い海の伝説』の動画を日本語付きで無調視聴する方法もご案内して参りますよ!

 

『青い海の伝説』第10話では、夢の中でタムリョンと言う自分そっくりな男に語りかけられるジュンジェがいました・・・

 

するとちょうど、朝鮮時代の遺跡が発掘された話をシアから教えられます。

 

遺跡が見つかった場所は何と、タムリョンの屋敷跡からでした!

 

また次の詐欺ターゲットはアン・ジンジュという女性の家。

 

しかし実はアン・ジンジュはシアの義姉だったのです!

 

ジュンジェたちはアン・ジンジュとシアの関係にまだ気づいていません・・・

ミーナ

ミーナ
韓国ドラマ『青い海の伝説』第11話のあらすじネタバレやフル動画高画質を日本語字幕で無料視聴する方法を知りたい方はお見逃しなく!

>>今すぐ無料視聴する

『青い海の伝説』動画日本語字幕第11話のあらすじ・ネタバレ

 

タムリョンからのメッセージ

 

ジュンジェはシアと一緒に博物館へやって来ます。

 

発見されたという絵の前に立つジュンジェ。

 

そこに描かれていたのはジュンジェが夢で見たタムリョンの姿でした・・・

 

シアもタムリョンの絵を見て「ジュンジェにそっくりだ」と驚きます。

 

タムリョンからのメッセージ。

 

「そなたが来世の私であるなら、目覚めても忘れるな」

 

「全ては繰り返される、良縁がその世界まで続き、悪縁もまた同様だ」

 

「危険なものから、そなたの想い人を守れ!」と言うものです。

 

しかしジュンジェは「危険なもの?想い人?」

 

「お前は誰だ?夢ではなく本当に俺なのか?」と疑問を心の中で呟きます・・・

ミーナ

ミーナ
やはりジュンジェが夢の中で見るタムリョンはジュンジェの先祖の様子。
ユイ

ユイ
タムリョンの悪縁だった人間は現世にも繋がっているのでしょうか?!

正体

 

ジュンジェの家。

 

寝ているジュンジェは沢山の真珠とシムチョンに似た女性を助ける夢を見ます。

 

起きてたナムドゥに「最近変なんだ・・・」と打ち明けます。

 

するとナムドゥは「シムチョンの方が変だ」と言います。

 

ジュンジェは「最初から変わってただろ」と誤魔化しますが、ナムドゥは引きません。

 

ナムドゥ「気になることがあって知り合いの医者にシムチョンのX線写真を見て貰ったんだ」

 

ジュンジェは「何でそんなことするんだよ」と怒ります。

 

ナムドゥ「怒らないで聞け、写真を取り違えたって話が解せなかったんだ」

 

「お前はいつもは用心深いのにシムチョンの事になると何も疑わないのか?」

 

ジュンジェ「それで?その医者はなんだって?」

 

ナムドゥ「同一人物の写真だとさ」

 

「治るのに数週間はかかる骨折が1週間で治ったんだ!」

 

「その後もピンピンしてるし、おかしいだろ?」とナムドゥ。

 

そしてナムドゥはジュンジェに真珠を見せます。

 

ナムドゥ「シムチョンは仕事もしてないのに袋いっぱいの真珠を持ってたんだぞ?」

 

「金に換えてお前にやるとか言って!」

 

ジュンジェは真珠を見て「どこで手に入れたんだ?」と問います。

 

ナムドゥは真珠をジュンジェから取り上げて「謎だらけだ!しかもスペインでシムチョンに会ったのに覚えてないんだろ?」と。

 

そう言われて断片的な記憶をたどるジュンジェ。

 

ナムドゥ「お前は謎を解くためにシムチョンを家に置いておいたんじゃないのか?」

 

「何故気にならないんだ?」と聞くナムドゥ。

 

ジュンジェ「兄貴こそ、何で詮索するんだ?」

 

ナムドゥ「俺はお前の事が心配だからだ、お前の変化が心配なんだよ」

 

「シムチョンに会ってから善人になろうとしてないか?そうなったら俺を捨てるんだろ?」とナムドゥ。

 

ジュンジェ「何を馬鹿な事言ってるんだ」

 

ナムドゥ「まぁ、好奇心もあるけどな!正体をつきとめるぞ!」と意気揚々とトイレに向かいます。

 

ナムドゥがシムチョンの正体を突き止めようとしていると知り、ジュンジェは自分が先に突き止めないとな・・・と決心します。

 

ミーナ

ミーナ
ナムドゥはシムチョンの周りで起こる不思議な出来事を指摘します。

 

ユイ

ユイ
ナムドゥがシムチョンの正体を掴もうと動き出したためジュンジェも先回りしようと決意します!

 

マ・デヨンの過去

 

警察では。

 

ホン刑事がマ・デヨンの前科記録を調べていました。

 

暴力沙汰ばかりのマ・デヨンがある時期だけ盗みをしていた時期がある事を班長に報告します

 

ホン刑事はマ・デヨンには女がいたと睨みます。

 

ジュンジェ父の家では。

 

後妻ソヒと後妻の連れ子チチョンと食卓を囲む父イルジョンの姿がありました。

 

イルジョンは後妻に盛られた毒のせいで視力が悪化していました。

 

ミーナ

ミーナ
マ・デヨンの女というのはソヒの事ですね。

 

ユイ

ユイ
気になるのはチチョンの本当の父親の事です・・・

 

ユナの能力

 

ジュンジェの家ではシムチョンを探すジュンジェ。

 

家にはシムチョンは居ません。

 

シムチョンのベット脇に真珠が入ったガラス瓶が置かれていました。それに気づくジュンジェ。

 

ジュンジェは「これを一体どこで手に入れたんだ?何で俺にくれようとするんだ?」と真珠を見ながら独り言呟くジュンジェ。

 

ジュンジェはその後も家の中をずっとウロウロしていて落ち着かない。

 

ナムドゥから「シムチョンを探してるのか?」と図星をつかれる。

 

ジュンジェは「いいや、テオを探してるんだ」と見え透いた嘘で誤魔化します。

 

ナムドゥ「それでも詐欺師か?嘘が下手すぎる!」と言われます。

 

ちなみにテオは目の前に居ます・・・

 

するとそこへ小学生のユナを連れたシムチョンが帰宅。

 

ジュンジェはすぐに走り寄り「携帯をちゃんと充電しておけよ!」と携帯が繋がらない事を怒ります。

 

シムチョンは携帯を確認すると電池切れ・・・

 

ジュンジェは「お前も飯を食わないと動けないだろ?携帯にも飯を食わせてやれ!」と言います。

 

するとシムチョンの後ろに隠れていたユナが顔を出して反論します。

 

ユナ「携帯はご飯なんか食べないわ、電池が切れただけ」

 

ジュンジェ「誰だよ?」

 

シムチョンはユナを「私の友達」と言って紹介します。

 

ジュンジェは「変わった友達が多いな!ホームレスの次は小学生か!」と嫌みを言います。

 

ユナが振り返り「おじさんは無職よね?」と返します。

 

ジュンジェは「おじさんでも無職でもない!」と怒ります。

 

ユナ「平日の昼間なのに家で暇そうにしてたり、テレビを見てたり、ゲームをしてる人は無職でしょ?」

 

ナムドゥはテレビを見ていて、テオはゲームをしています。

 

シムチョンは「無職だったの?」と訊ねます。

 

ジュンジェは「違うよ、俺はフリーランサーだ!専門職だから家で仕事が出来るんだ」と嘘を言います。

 

シムチョンはその嘘を信じて「彼は国のために働いているのよ」とユナに言います。

 

するとナムドゥがある事に気づきます。

 

ナムドゥ「ちょっと待てよ、お嬢ちゃんはまだ冬休みじゃないだろ?学校は?」と訊ねます。

 

ジュンジェは「サボったのか?」と問い詰めます。

 

静かになってしまうユナ。

ミーナ

ミーナ
ユナちゃんはとてもしっかりしている小学生です。
ユイ

ユイ
少し変わっていますがとてもいい子です!

心の声

 

一方、仕事中のユナの母の職場。

 

仕事中にユナの学校から電話が入りますが、仕事中の母は出られません・・・

 

そしてジュンジェの家にやって来たユナ。

 

リビングにてジュンジェやシムチョン、ナムドゥ、テオと話をするユナ。

 

ユナ「私、学校には行かない」

 

ジュンジェ「何で行かない?」

 

ナムドゥは「お前も行かないで家出しただろ?」と突っ込みを入れます。

 

ジュンジェは「俺は高校の時の話だろ?こいつはまだ小学生だ!」とユナを指さす。

 

「小学校は行け、義務教育だぞ」とまともな意見を言うジュンジェ。

 

しかし察したナムドゥが「話してみろ、悩みでもあるのか?」と訊ねます。

 

シムチョンも「学校でまたいじめられたの?」と心配します。

 

ユナは「学校に行くと超能力が仕える」と言い出します。

 

ナムドゥは馬鹿にしますが、ユナは「透明人間になるから誰も私の事みないの・・・」と悲しい事実を告白します。

 

ユナ「私の姿は誰にも見えないから話しかけられないし、行かなくていいの」

 

「どうせ私が居なくても誰も気づかないから・・・」とユナ。

 

ナムドゥは「どうしてそうなったんだ?」と原因を聞きます。

 

ユナ「私が周りの子と違うから・・・お金はないし、パパもいないから・・・」

 

「人は自分と違う人を嫌うものでしょ?」と悲しい言葉を言うユナ。

 

するとシムチョンは「私も違う、正体を知られたらジュンジェは私を嫌って離れていく・・・」と心の中で呟きます。

 

シムチョンの心の声はジュンジェにも聞こえています。

 

そして何故かユナにも。

 

ユナはシムチョンの心の声を聞き「お姉ちゃんは何が違うの?」と聞きます。

 

「何か違うとどうしてジュンジェって人に嫌われるの?」と訊ねます。

 

ナムドゥとテオには何も聞こえていないため、不思議がります。

 

ユナははっきり聞こえたと主張し、シムチョンは慌ててユナを部屋に誘って連れ出します。

 

2人がシムチョンの屋根裏部屋に去り、ジュンジェはナムドゥ達に「聞こえなかったよな?」と確認します。

 

ナムドゥから「お前も聞こえなかっただろ?」と聞かれ「うん」と嘘をつくジュンジェ。

 

屋根裏部屋にユナを連れて行ったシムチョンは心の声についてユナに訊ねます。

 

シムチョン「本当に聞こえるの?」

 

ユナ「うん」

 

そして心の声が本当に聞こえるのか実験するシムチョン。

 

シムチョンが心の中で「私は遠くから来たの」と呟く。

 

するとユナは「私は遠くから来たの」と答える。

 

次々とシムチョンの心の声を読むユナ。

 

ユナ「普通は聞こえないものなの?」と。

 

シムチョンは聞こえる事は内緒にして、とユナに言います。

 

シムチョン「人と違うと嫌われるんでしょ?彼に嫌われたら大変なの」とお願いします。

 

ユナも「分かった、約束する」と納得します。

ミーナ

ミーナ
何故かシムチョンの心の声が聞こえるユナ・・・
ユイ

ユイ
シムチョンと不思議なつながりのある少女です。

母への手掛かり

 

一方、ナム部長の意識が戻ったと知らせの電話を受け、病院へ駆けつけるジュンジェ。

 

目を開けたナム部長の姿がありました。

 

ジュンジェは手を握って喜びます。

 

しかしまだ話せないし動けない状態のナム部長。

 

ナム部長はジュンジェの顔を見て涙を流します。

 

病室を後にするジュンジェにナム部長の妻がジュンジェの母と以前は電話で話しをしていたと明かします。

 

母から時々電話があったが、母から口止めされていて黙っていたと聞くジュンジェ。

 

ジュンジェ「母さんは今どこに?」

 

ナム部長の妻「それは分からないわ、数年前に電話があったきりだし・・・」

 

「あなたの事しか話してないし、家出した事は伝えてないわ」

 

「いい大学に入って留学中だから心配しないように、と言っておいたけど・・・」とナム部長の妻。

 

母の所在が不明だと知り、ため息をつくジュンジェ。

ミーナ

ミーナ
やっとナム部長の意識が戻ったと連絡が入ります!
ユイ

ユイ
しかしジュンジェの母の居所が相変わらず分からない事に気を落とすジュンジェ・・・

酔っ払いの本心

 

自室で一人酒を飲むジュンジェ。

 

そこに上からシムチョンが「何してるの?」と声をかけます。

 

ジュンジェ「下りてくるな」

 

シムチョンは「分かった」と返事しますが下りて来ます。

 

お酒に興味を持ったシムチョンは自分も飲みたいと言い出します。

 

2人で一緒にお酒を飲む事に。しかしシムチョンはいきなり一気飲み。

 

ジュンジェは「乾杯してからだ!」と言って注意します。

 

その後、何度も乾杯する2人。すっかり酔っ払うシムチョン。

 

シムチョンは「タコを焼いたり乾かしたり可哀想・・・」と言って泣きだします。

 

ジュンジェは「刺身は好きなくせに」と言います。

 

シムチョン「私にとってタコは人間にとっての犬みたいなものなの!」と反論します。

 

「タコは私達に懐いて離れないんだから・・・」とシムチョン。

 

ジュンジェ「人間にとっての?お前も人間だろ?」

 

シムチョンは鼻で笑って「違うわよ」とジュンジェを見つめます。

 

ジュンジェ「だったら何なんだ?」と正体を訪ねる。

 

シムチョン「人・・・」と言いかけて何度か瞬きするシムチョン。

 

すると突然意識がハッキリしてるシムチョン。

 

シムチョン「ジュンジェ、私いま酔ってたわよね?」と嬉しそう。

 

ジュンジェ「覚めたのか?」と驚く。

 

シムチョン「もう大丈夫よ、乾杯しましょ!」とグラスを持つ。

 

ジュンジェ「ものすごい回復力だな」と呆れる。

 

そしてどんどんお酒の瓶を空にするジュンジェとシムチョン。

 

ジュンジェは何度も同じ話を繰り返し、酔っ払った様子。

 

シムチョンに「今日は誰も帰さないぞ!特にお前は帰さないぞ!帰るな・・・」と。

 

次に携帯を取り出しシムチョンに電話をかけるジュンジェ。

 

シムチョンが鳴っている携帯を取りに行こうと立つと、「動くな!」と命令するジュンジェ。

 

電話に出れないシムチョン。

 

ジュンジェは「また出ないぞ!こら!シムチョン!」と電話に向かって叫んでいます。

 

そして再度シムチョンに電話をかけるジュンジェ。

 

シムチョンが取りに行こうとするとやっと目の前に居たと気づくジュンジェ。

 

ジュンジェは「どこにも行かせないぞ」と言ってシムチョンを抱きしめます。

 

シムチョンは「私はどこにも行かないわ」と言い「お酒っていいものね」とジュンジェの言動に喜びます。

 

ジュンジェは酔っ払いながらも「俺達の何かが違っても俺はそばにいる・・・」と呟きます。

 

そして寝てしまうジュンジェ。

 

シムチョンは「今の言葉が本心だといいな・・・嘘じゃないと信じたい」と願います。

 

ミーナ

ミーナ
骨折もすぐ治るシムチョンは酔っ払ってもすぐに醒めるみたです!

 

ユイ

ユイ
ジュンジェは明るい酔っ払いですね♪

 

ターゲット

 

翌日、ジュンジェは酷い二日酔いです。

 

シムチョンは「ジュンジェが死んじゃうかもしれない!今の7回目よ!」とトイレに吐きに行ったジュンジェを心配します。

 

しかしナムドゥは「簡単には死なない、だからつい飲みすぎるんだ」と。

 

シムチョンはナムドゥに「酔った時の言葉は本心なの?」と訊ねます。

 

するとナムドゥは「普通は半々だけど、ジュンジェの場合は全部うそだ!」と言い切ります。

 

ナムドゥ「酔った時のあいつと話すのは犬と一緒だ、真に受けちゃダメだ」と忠告。

 

それを聞きガッカリするシムチョン。

 

そこへテオが降りてきて、「アン・ジンジュが動物病院へ行くよ」と知らせてくる。

 

ナムドゥは早速同じ動物病院へ出かけて行きます。

 

動物病院へ愛犬を連れてやって来るアン・ジンジュ。

 

特に愛犬の病気などではなく、クベクちゃんのパパ(ナムドゥが演じている)に会いたい様子。

 

そこへ犬を抱いたナムドゥがやって来ます。

 

キム代表に投資したいアン・ジンジュはキム代表(ジュンジェが演じている)との約束を取り付けて欲しいと頼んで来ます。

 

しかし渋る演技をするナムドゥ。それでも粘るアン・ジンジュは自宅にナムドゥ達を招く約束を取り付けます。

 

名刺を交換したアン・ジンジュの夫は詐欺では?と疑います。

 

何と、夫はシアの兄でした。シアも研究室を出て家に向かっているとの事。

 

しかしジュンジェたちはシアの家だとは知らずに家へ向かいます。

 

ジュンジェはシムチョンに家に入ったら本名は呼ぶな、と忠告します。

 

ジュンジェは「キム・ジェイ」と呼ぶようにシムチョンに指示します。

 

こうしてジュンジェ、シムチョン、ナムドゥがアン・ジンジュ(シアの家)の家に。

 

しかしその家にはお手伝いとして働くジュンジェの母もいました!

 

アン・ジンジュの娘はユナを虐めていてシムチョンに怒られていました。

 

アン・ジンジュは娘に「あなたの親友はユナちゃんよね」と言い聞かせてシムチョンにゴマをすります。

 

その頃、家の中ではアン・ジンジュの夫とジュンジェたちが名刺交換していました。

 

丁度その頃、シアも帰宅。玄関を開けようとした時、義姉であるアン・ジンジュから電話が来ます。

 

お客様用にイチジクを買ってきてほしいと頼まれて買いに行くシア。

 

家の中ではアン・ジンジュの夫が詐欺か確かめるために貰った名刺の番号に電話をかけます。

 

しかし会社にかけた電話はもちろんテオが出ます。

 

「キム代表は韓国に滞在中だ」と教えられ安心します。

 

そして会食が始まります。

 

卵焼きを食べたジュンジェは母の作った味に似ている事に気づきます。

 

ジュンジェに気に入られようとアン・ジンジュはもっと持ってくるようお手伝いのユラン(ジュンジェの母)に声をかけます。

 

しかし料理を運ぶのはアン・ジンジュで母ユランとジュンジェは顔を合わせる事はありません・・・

 

一方、買い物を頼まれていたシアが帰って来てしまいます。シアの姿を見たテオは慌てます!

 

家に入ろうとするシアを慌てて止めたのはテオでした!

 

足止めしようとしたテオは思わず「好きです」と告白してしまいます。

 

テオがシアをカフェに連れ出し何とか難を逃れます。

 

ナムドゥに連絡して「そこはシアの家だから早く逃げるように!」と忠告します。

 

ジュンジェたちは慌てて用があると逃げ帰ります。

 

ミーナ

ミーナ
ジュンジェ達が詐欺のターゲットに選んだ家は何とシアの家でした!

 

ユイ

ユイ
しかもその家にはお手伝いとして働くジュンジェの母の姿もありました!

 

秘密

 

家に逃げ帰ったジュンジェたち。

 

バレるところだったと揉めていると、その会話を聞いたシムチョンが詐欺に気づきます。

 

シムチョンの「全部うそだったの?」と言う心の声に「そうだ、嘘だった」と答えるジュンジェ。

 

ジュンジェ「そうだ、俺は大うそつきだ、人を騙して金儲けする悪人だ」

 

「それが俺の秘密だ、お前の秘密は?」と聞きます。

 

シムチョンは心の中で「私の秘密は・・・あなたと違うってこと」

 

「私が・・・人魚だってこと」と呟きます。

 

シムチョンの心の声を聞いたジュンジェは驚きます!

ミーナ

ミーナ
とうとうシムチョンの正体を聞いてしまったジュンジェ!
ユイ

ユイ
人魚と人間の恋の行方がますます気になりますね!

>>動画日本語字幕フルを無料視聴する

『青い海の伝説』動画日本語字幕第11話の見どころ・注目キャスト

 

『青い海の伝説』第11話の見どころ

 

ミーナ

ミーナ
今回のお話はシムチョンの心の声を聞くシーンが多かったですね♪

 

ユイ

ユイ
なのでジュンジェとシムチョンが見つめ合う場面も多かったです♪

 

ミーナ

ミーナ
心の声で会話するなんて素敵ですねっ!

 

『青い海の伝説』第11話の注目キャスト

ミーナ

ミーナ
『青い海の伝説』第11話の注目キャストはユナです!
ユイ

ユイ
少し大人びた少女ですが、確信を突くような言葉を言います。
ミーナ

ミーナ
今回はユナがシムチョンの心の声が聞こえるという事実が判明します!

>>動画日本語字幕フルを無料視聴する

『青い海の伝説』動画日本語字幕第11話の視聴した人の感想

 

 

 

 

 

>>動画日本語字幕フルを無料視聴する

『青い海の伝説』動画日本語字幕第11話 まとめ

今回は『青い海の伝説』第11話のネタバレあらすじや感想・見どころや注目キャストと共に動画を日本語付きで無料視聴する方法をご案内して参りました!

 

シムチョンの心の声が聞こえるジュンジェとユナの2人が活躍した回でしたね!

 

他人の心の声が聞こえたらもっと人間関係が楽になるのでしょうか?

 

もっと複雑になってしまうのでしょうか?

ミーナ

ミーナ
個人的には動物の声が聞けたらいいなぁ、と希望します♪
ユイ

ユイ
やはり人魚と人間の素敵なファンタジードラマはキュンキュンしますね♪
ミーナ

ミーナ
韓国ドラマ『青い海の伝説』が気になる方はぜひ、チェックしてみて下さいね♪

>>動画日本語字幕フルを無料視聴する

本ページの情報は2018年2月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。 ※FODのYahoo! JAPAN IDを利用した31日間無料キャンペーンは6月末に終了します。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

青い海の伝説 あらすじ 13

青い海の伝説あらすじ13話ネタバレ!動画日本語字幕の無料視聴も

青い海の伝説 amazonプライム

青い海の伝説amazonプライムでみれる?お得な無料視聴はココ一択!

青い海の伝説Dailymotionで日本語字幕フル動画はみれない?無料視聴はどこでできる?!

青い海の伝説Dailymotionで日本語字幕フル動画はみれない?無料視聴はどこ...

青い海の伝説イミンホ主演動画日本語字幕を無料視聴はどこでできる?

青い海の伝説イミンホ主演動画日本語字幕を無料視聴はどこでできる?

青い海の伝説はハッピーエンド?ラストの結末が意外すぎる最後に涙。。。

青い海の伝説はハッピーエンド?ラストの結末が意外すぎる最後に涙。。。

青い海の伝説365で動画日本語字幕をフル高画質はみれない?無料視聴がお得!

青い海の伝説365で動画日本語字幕をフル高画質はみれない?無料視聴がお得!