Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

恋するジェネレーション動画15話日本語字幕フルを無料視聴する方法

恋するジェネレーション 動画 15話

韓国ドラマ『恋するジェネレーション』第15話のネタバレあらすじや感想を含め、動画を日本語字幕付きで無料視聴する方法をご紹介して参ります!

ミーナ

ミーナ
『恋するジェネレーション』はKBS「学校シリーズ」2015年版の大人気作品です!
ユイ

ユイ
若手俳優の登竜門として知られるシリーズ!
ミーナ

ミーナ
本作ではキム・ソヒョンが一人二役の難しいヒロイン役を見事に演じました!
ユイ

ユイ
ヒロインをめぐるイケメン2人の恋のバトルは相当トキメキます♪
ミーナ

ミーナ
幼なじみ役のナム・ジュヒョクか?変わり者のクラスメイト役のソンジェか?人気は真っ二つだと思われます♪
ユイ

ユイ
韓国ドラマ『恋するジェネレーション』第15話のネタバレあらすじやフル動画高画質を日本語字幕で無料視聴する方法を知りたい方はお見逃しなく!

>>今すぐ無料視聴する

『恋するジェネレーション』動画日本語字幕第15話のあらすじ・ネタバレ

 

目撃

 

ウンビを家の前まで送って来たテグァン。

 

テグァン「じゃあな」

 

ウンビ「コン・テグァン、時間が早く過ぎる方法を教えようか?」

 

テグァン「もう知ってる」

 

「俺にとっては1つしかない」

 

笑うウンビ「何?」

 

テグァン「お前と一緒にいることだ」と言われ、笑顔が消えるウンビ。

 

すると急にテグァンがウンビに近づく。

 

テグァンを見つめるウンビ。

 

そして突然テグァンがウンビのほっぺにチュッとキスします!

 

ビックリするウンビ。固まってしまいます。

 

しかしもっとビックリしているのは・・・

 

2人の様子を目撃してしまったイアンでした。

 

固まるウンビの様子を見たテグァンは、困って頭を掻いている。

 

ウンビ「コン・テグァン・・・何なのよ」

 

テグァン「悪いが俺は今、何も聞こえない」

 

ウンビ「ねぇ・・・」

 

ウンビの表情を見て「叩いていいぞ」と目をつぶるテグァン。

 

しかし叩かれない・・・

 

恐る恐る目を開けるテグァン。

 

テグァン「もういい、顔を見てられないからもう行けよ」

 

ウンビ「それじゃあ行くね」と家に入る。

 

テグァン「おい」と声をかけられ振り返るウンビ。

 

ウンビ「え?」

 

テグァン「じゃあな」と手を振ってスッキリした様な顔で帰るテグァン。

 

テグァンの後ろ姿を見ながら、ため息をつくイアン。

 

ミーナ

ミーナ
ウンビを家まで送ったテグァンは思わずウンビのほっぺにキスします♪

 

ユイ

ユイ
驚くウンビですが・・・もっと驚いているのはキスを目撃してしまったイアンでした!

 

宣言

 

翌朝。登校して来たテグァンを待ち伏せるイアン。

 

廊下で急に声をかけられ驚くテグァン。

 

イアン「コン・テグァン」

 

テグァン「なんだよ、驚かせるな」

 

イアン「屋上へ来てくれ」と言ってテグァンと屋上へ。

 

屋上で対峙するイアンとテグァン。

 

テグァン「屋上に呼び出すなんて・・・」

 

イアン「コン・テグァン、言っておきたい事がある」

 

テグァン「何だよ?」

 

イアン「今まで自分の気持ちが分からなくて、質問に答えてなかった」

 

テグァン「言えよ」

 

イアン「僕はウンビを嫌ってない」

 

「腹を立ててたのは嫌ってたからじゃない」

 

「好きだからだ!今まで聞いたことや見た事は気にしない」

 

テグァン「おい」

 

テグァンの声を聞かないイアン。

 

イアン「お前が何を言おうが関係ない」

 

テグァン「どうするつもりだ?」

 

イアン「まだ勝負はついてない」

 

テグァン「俺の方が先だった、ウンビ以外はどうでもいいんだ」

 

イアン「だから言ってるだろ、僕はこれから始める」

 

ミーナ

ミーナ
ついにイアンがウンビを好きだと宣言しました!

 

ユイ

ユイ
テグァンに宣言すると所がイアンらしいですね・・・

 

自信

 

職員室。教頭とキム担任が話してる。

 

教頭「キム先生、あの事件は嫌疑なしで処理されました」

 

「辞表を出す必要がありますか?」

 

「学校側も3ヶ月の減給で済ます予定です」

 

キム担任「生徒を教える自信がなくなりました」

 

「学期中なのに本当にすみません」

 

教頭「仕方ないですね」とため息。

 

「後任が決まるまでは生徒たちを動揺させないように」

 

しかし丁度、職員室に来ていたミンジュンが話を聞いてしまう。

 

教頭「御苦労さまでした」と言ってキム先生と握手する。

 

キム担任が行くと、外国人の英会話教師を連れた英語教師が来る。

 

ハミントン先生を紹介される教頭。韓国語が堪能との事。安心する教頭。

 

その後、2年3組では外国人英語教師を連れた英語教師の授業が行われている。

 

韓国語も堪能でクラスの生徒は驚く。

 

テグァンとイアンは腕組をしてムスっと黙っている。

 

ミーナ

ミーナ
キム担任は御咎め無しで済んだのですね・・・

 

ユイ

ユイ
しかし教師を辞める決心に変わりは無い様子です。

 

謝罪はしない

 

中庭のベンチで寝転がっているテグァン。

 

名前を呼ばれて目を開けるがガッカリする。

 

テグァン「何だ」と言ってまた目を閉じる。

 

ウンビョル「私でがっかりした?」

 

テグァン「あっち行けよ」

 

ウンビョル「聞かなくてももう分かったわ」

 

起き上がって「何が分かったんだ?」とテグァン。

 

ウンビョルに「あなたはウンビが好き」と言われる。

 

ウンビョル「ばればれだわ、統営まで行ったくらいだもの、だけど・・・」

 

テグァン「何だよ!」

 

ウンビョル「気にくわないの、あなたみたいな人が妹を追いまわすのが」

 

テグァン「何が悪い!」

 

ウンビョル「とにかく気持ちは分かったわ」

 

「でもウンビはあなたを好きかしら?」

 

そう言われて何も言えなくなるテグァン。

 

その頃、ウンビは母の店で接客の手伝いをしている。

 

ウンビ「ありがとうございました、またどうぞお越し下さい」と上手に接客する。

 

母「ママより上手だわ」と喜ぶ。

 

ウンビ「バイトの女王だったのよ」と笑う。

 

母「あら、そう」と言ってウンビのほっぺをつねる。

 

母「ママの店を手伝っててもいいの?」

 

「勉強しないと転校先で困るわよ?」

 

ウンビ「塾に通おうと思うんだけど、いい?」

 

母「もちろん、通うべきよ!いい塾を探してあげるわ」

 

お客さんが入って来て、母が接客に行く。

 

1人になったウンビの携帯が鳴る。相手はテグァン。

 

テグァンが1人緊張した様子でウンビを待っている。

 

そこへウンビが来る。

 

ウンビも緊張している様子。

 

テグァン「来たか」

 

頷くウンビ。

 

ウンビ「話って?」

 

テグァン「昨日は驚いただろ・・・」

 

ウンビ「テグァン、わたしにはよく分からない」

 

「だから聞かないで」と制止される。

 

ニヤリと笑って「そうか」とテグァン。

 

テグァン「じゃあ俺も謝らない」

 

ウンビは立って歩いて行ってしまう。

 

笑いながら追いかけるテグァン。

 

テグァン「おい、顔が赤いぞ?」とからかう。

 

ウンビ「そんなことないわ!」と否定して歩いて行くウンビ。

 

テグァンはウンビをからかいながら追いかけます。

 

ウンビ「あっち行ってよ!」と。仲よさそうな2人。

 

ミーナ

ミーナ
テグァンとウンビのコンビは見ていて楽しいですね♪

 

ユイ

ユイ
ウンビョルは鋭いですね!テグァンの気持ちもウンビの気持ちもお見通しの様子です!

 

2つに1つ

 

セガン高校。食堂では生徒達がお昼ご飯を食べている。

 

そこへトレイを持ったソヨンも食べに来る。

 

ギテとヘナ達が食べている。

 

ソヨンの姿を見ると「変な臭いがするぞ」と陰口をしている。

 

悪口を無視して隣に座って食べ始めるソヨン。

 

ヘナは「私も厚かましくて気が強いと言われるけどソヨンには負けるわ」

 

ヘナを睨むソヨン。

 

ギテ「ヘナはそこが魅力だが、あいつのは犯罪だ」

 

ヘナは笑っている。

 

ミンソク「悪口を言われても平然としてるな」

 

クラスの男子も「感心するよ」と笑っている。

 

ソヨンは震えながらもご飯を口に運ぶ。

 

その後、トイレで吐いているソヨン。

 

手を洗っているとウンビョルが入って来る。

 

ソヨン「コ・ウンビョル、私は引き下がらないわよ」

 

「ウンビと2人で騙してるのを知ってるわ!このままで済むと思う?」

 

ウンビョル「カン・ソヨン、鏡を見たら?」

 

「自分の顔を見てついでに心の中ものぞいてみるといいわ」

 

ソヨン「何?」

 

ウンビョル「強がってても心は隠し切れないわ、わたしには分かる」

 

「本当は何もかも消して逃げ出してしまいたいはずよ」と言って出て行く。

 

ウンビョルに言われて鏡を見るソヨン。悔しくて鏡を割るソヨン。

 

家にいるソヨン。リビングにいる父。そこへ近づくソヨン。

 

父に「お茶でも入れる?」と話しかけるが「いらない」と言われる。

 

「それじゃあ果物でも?」と続けて話しかけるが「結構だ」と断られる。

 

それでも父の隣に座るソヨン。

 

ソヨン「パパ、クラスの子のことだけど・・・」

 

父「シィクスピアの喜劇にこんな言葉がある」と急に話しだす父。

 

父「雑草がはびこるのは、風が柔らかすぎるからだ」

 

ソヨン「はい?」

 

父「やり方が甘いから雑草がはびこるんだ」

 

「踏みつけられたくなければ先に踏みつけることだ」

 

ソヨン「それより私は転校したい・・・」

 

父「私の大事な時期だぞ?お前の問題には関わっていられない」

 

「くだらない話をしてないで大人しく暮らすんだ」

 

「もしくは踏みつけて大人しくさせろ!2つに1つだ」と突き放されます。

 

ミーナ

ミーナ
相変わらず学校で浮くソヨン。

 

ユイ

ユイ
転校したいと父に頼みますが突き放されます・・・

>>今すぐ無料視聴する

朝の散歩

 

朝。自転車を押して歩いているウンビ。

 

後ろからイアンに声をかけられる。

 

振り返るウンビ。

 

ウンビの顔を見て嬉しそうに駆け寄るイアン。

 

イアン「携帯貸して」と言って手を出す。

 

イアン「早く出せよ」

 

ウンビが携帯を出すと自分の携帯に登録するイアン。

 

イアン「僕をさけないんだろ?だったら番号を教えないと」

 

「気軽に会えるように」

 

するとウンビの携帯にテグァンからメールが来る。

 

それを見ているのはイアン。

 

「起きたか?塾は決めたのか?」とテグァンから。

 

それを見たイアンは「塾って?」とウンビに聞く。

 

ウンビ「新しい学校が決まるまでの間、塾に通おうかと思ってるの」

 

イアン「じゃあ、一緒に通うか?」

 

ウンビは驚いて「ダメよ」言います。

 

イアン「なぜダメなんだ?」

 

「まさか、あいつと一緒か?」とテグァンの事が気になるイアン。

 

ウンビは「ええ・・・」と言いずらそうに頷く。

 

イアン「そうか・・・練習の時間とかぶるからよかったかもな」

 

ウンビ「練習続けてるのね?」

 

イアン「当たり前だ!イ・ウンビ、金メダルを取るまで言った事に責任を持てよ」

 

ウンビ「何のこと?」と分からない顔。

 

イアンはウンビの両頬に手をあてて「何でもない、遅刻するぞ」と行ってしまう。

 

ミーナ

ミーナ
イアンとウンビが良い雰囲気でしたがテグァンからメールが送られてきます!

 

ユイ

ユイ
絶妙なタイミングでしたね♪

 

理想の教師

 

朝の2年3組。

 

クラスメイトたちが騒いでいると、ミンジュンが教壇に立つ。

 

ミンジュン「みんな、ちょっと聞いて」

 

「キム先生のことだ」

 

大人しくミンジュンの話を聞くクラスメイトの皆。

 

ミンジュン「学校を辞めるらしい・・・」

 

皆「なぜ?」「どうして?」と騒ぐ。

 

机に突っ伏して寝ていたテグァンも目を開ける。

 

「スインの事件のせいか?」とギテ。

 

「担任だったからね・・・」と女子生徒。

 

ミンジュン「後任が決まるまでと聞いた」

 

「学期中に担任が代わるなんて・・・」と女子生徒。

 

ミンジュン「このまま何もしないでいいのかな?」と皆に問う。

 

テグァンが教室を出て行く。

 

テグァンはキム担任を呼び出す。

 

テグァンが1人待つ場所へキム先生がやって来る。

 

キム先生「先生をメールで呼び出すとはなっ」と言ってテグァンのお尻を叩く。

 

テグァン「ちゃんと敬語で送りました」

 

キム先生「何のようだ」

 

テグァン「辞めるんですか?」

 

キム先生「テグァン、誰と出会って教師を目指したと思う?」

 

テグァン「誰ですか?」

 

キム先生「高2の時の担任だ、家出した生徒を捜しに地方まで行くような先生だった」

 

「生徒と安全距離を置く俺とは違う」

 

テグァン「カッコいいな、その先生を見習えば?」

 

キム先生「誰だと思う?お前の父親だ」とテグァンを見る。

 

先生「お前をよろしくと言っていた」

 

「俺はいい先生どころか、まともな人間かも分からない」

 

「分からないから辞めるんだ」

 

テグァン「まったく・・・俺はどうすればいいんだ?」

 

キム先生「電話してこい、いつでもな!」と言ってテグァンの頭をよしよしして肩を組む先生。

 

テグァン「先生らしくないよ」

 

ミーナ

ミーナ
キム先生はテグァンの父に出会って教師を目指したんですね!

 

ユイ

ユイ
キム先生は良い先生ですね!

>>今すぐ無料視聴する

父さん

 

男「ひどいな、この傷をどうしてくれるんだ?」と車を見て文句を言っている。

 

イアン父「ちょっと待って下さい、店の前だからどけて下さいと電話しただけだ」

 

「私は何もしてない」

 

男「他に誰がいるんだ?警察に言って話そう」とイアン父を連れて行こうとする男。

 

イアン父「手を離して下さい、興奮しないで」と制していると、イアンが男にカバンを投げ付ける。

 

男「何するんだ!」イアンと男がもめ出す。

 

イアン父「止めるんだ、イアン」とイアンを止める父。

 

すると男が突然イアン父を殴る。

 

怒ったイアンは男を殴り返す。

 

イアン父「いいから、止めなさい、離れるんだ!」とイアンを止める父。

 

男は殴られて倒れている。

 

警察にやって来たテグァン。

 

留置所なら1階の留置管理チームへ行けと言われるテグァン。

 

檻の前でやっぱり引き返すテグァン。

 

一方、イアン親子と揉めていた男も警察に来ていた。

 

男「示談なんかにしない!まずは土下座して謝って!」とふてぶてしい態度。

 

怒って立ちあがるイアンを諌める父。

 

イアン父「座りなさい」

 

「そういわず、示談にしましょう」と男に話す父。

 

「そっちも悪いんだから」と父は言う。

 

男「そんな事を言われて示談になんかできない」とごねる。

 

刑事に「2人共静かにしなさい!」と注意される。

 

男の態度に怒り心頭のイアン。拳を握りしめる。

 

父はイアンの気持ちに気づき、そっとイアンの拳を優しく包む。

 

警察を出てきたイアンは警察の前でテグァンの姿を見つける。

 

テグァンは「父親に会ったらどうだ?」と刑事に言われている。

 

テグァン「いいんです」と言う。

 

刑事「理事長は元気だから心配するな」

 

テグァンは「父をよろしくお願いします」と挨拶して行く。

 

その会話から理事長がテグァンの父親だと気づくイアン。

 

警察からイアンの父が出てくる。

 

イアン父「怪我はないか?」とイアンを心配する。

 

イアン「僕は平気だけど父さんは痛くない?」と父を心配する。

 

父「何ともない、帰ろう」

 

そこへテグァンの姿が。

 

イアンに気づくテグァン。

 

イアンの父が制服姿のテグァンを見て「同じ学校か?」と訊ねます。

 

イアン父「お前の友達か?」と聞く。

 

イアン「そうだよ」

 

イアンの父に挨拶するテグァン。

 

テグァン「どうも」と言って行こうとするテグァンを呼びとめるイアン父。

 

父「ちょっと待ちなさい、君もなかなかの男前じゃないか、飯は食ったか?」

 

テグァン「ちょうどいい、一緒に行こう」

 

「えっ?」と驚くテグァン。後ろのイアンの顔を見て「結構です」と断る。

 

しかしイアン父は「遠慮する事ないぞ、ほら、イアンも来なさい」と言ってテグァンとイアンの肩を抱いて連れて行く。

 

一方、携帯ショップにソヨンの姿がありました。

 

ソヨンは「落としたんです」と言い修理を要求。

 

店員「バックアップは?」

 

ソヨン「して下さい、長くかかりますか?」

 

店員「画像や動画はたくさんありますか?」

 

ソヨン「画像はたくさんあって、動画もいくつか・・・」と言って何かを思い出した様子のソヨン。

 

ソヨン「データを全部復元して下さい」と急に元気になるソヨン。

 

一方、店で3人でご飯を食べるイアンとテグァンとイアン父。

 

イアン父はテグァンの食べ方を見て「どうした?ちびちび食べるな」と言ってご飯を入れられる。

 

イアン父「たくさん食べろ」

 

テグァン「はい」

 

隣ではガツガツと食べるイアンを見て「よく食べる奴だ」と嬉しそうな父。

 

イアン父「お代わりしてまた暴れろ」

 

イアン「やめてよ父さん」

 

イアン父「こんな父親なのに体をはって守ってくれた」

 

「ありがたいよ」と言ってイアンの手を握る父。

 

父「だけどスポーツ選手が怪我したらだめだろう?今度やったら怒るぞ」

 

イアン「同じことが起きたらまたやる」

 

父「なんだって?困った奴だなぁ」と言って笑う父。

 

イアン親子の仲睦ましい姿をみつめているテグァン。

 

イアン父「そういえば何の用で警察へ?君も喧嘩か?」とテグァンに聞く。

 

テグァン「いつもはそうですが、今日は・・・」と口ごもる。

 

イアンはそんなテグァンを見ている。

 

黙々と食べ始めるテグァン。

 

イアン父「たくさん食べろ」

 

食事が終わり店を出ると、テグァンが「ごちそうさまでした」と挨拶する。

 

イアン父「今度は家にも遊びに来い」と誘う。

 

イアン父は先に車に乗り込む。

 

テグァン「じゃあな」と言って行こうとする。

 

イアンは父にちょっと待ってて、と言いテグァンを追う。

 

イアン「コン・テグァン」

 

振り向くテグァン「何だ?ウンビの事か?」

 

イアン「大丈夫か?」

 

テグァン「何が?」と面食らうテグァン。

 

イアン「お前だよ、大丈夫なのか?」

 

テグァン「大丈夫に決まってるだろ!」

 

イアン「なぁ」

 

テグァン「何だよ!」

 

イアン「これから始めると言っただろ」

 

テグァン「それがなんだよ?」

 

イアン「お前が元気じゃないと面白くない」

 

「だから、元気出せ!じゃあな」と言って父の車に乗り込むイアン。

 

その後、家で1人考え込むテグァン。

 

携帯の父親の登録名をちゃんと「父さん」に変更するテグァン。

 

「父さん・・・」と呟くテグァン。

 

ミーナ

ミーナ
イアンとテグァンはウンビを巡ってライバル同士ですが今回は良い関係でしたね!

 

ユイ

ユイ
やっぱりイアンも元気のないテグァンが心配な様子です♪

 

転校先

 

家でお茶を飲んでいる母。そこへウンビが帰宅します。

 

ウンビ「ただいま!」

 

母「塾はどうだった?」と迎える。

 

ウンビ「よかったわ、お姉ちゃんは?」

 

母「部屋よ」と上を見る。

 

「ウンビ、転校先を決めたわよ」と母。

 

ウンビ「本当に?」

 

学校のパンフレットを見せる母。

 

「スンリ高等学校」と書いてある。

 

部屋で同じベッドで眠るウンビとウンビョル。

 

ウンビ「お姉ちゃん、同じベッドで窮屈じゃない?」

 

ウンビョル「ちっとも、こうして2人でベッドでおしゃべりしたかったの」

 

ウンビ「本当?」

 

ウンビョル「もちろん本当よ」

 

ウンビ「あのね、学校が決まったわ」

 

ウンビョル「そう、私と一緒にセガン高校に通うのは無理?」

 

ウンビ「うん、私ね、だましてた事を皆に謝りに行きたいの」

 

「お姉ちゃんは困るよね」と笑う。

 

ウンビョル「全然、その日は遊びにでも行くわ」

 

「そうだ、ぬいぐるみを片付けたわ、あれは誰にもらったの?」

 

ウンビ「イアンよ、私をお姉ちゃんだと思ってたから・・・」

 

ウンビョル「私と知ってたらぬいぐるみはあげないわよ、叩かれるもの」

 

ウンビ「そのこともイアンは知ってたの?」

 

ウンビョル「当たり前よ」と笑う。

 

ウンビョル「もう寝ましょう」と言って電気を消す。

 

その頃、ソヨンは復元出来た携帯のデータを確認中。

 

その中にある動画をチェックしていた。

 

ソヨン「コ・ウンビョル、イ・ウンビ・・・いつまで偉そうにしていられるか」

 

「楽しみだわ」と呟くソヨン。

 

ミーナ

ミーナ
ウンビの転校先が決まった様です。

 

ユイ

ユイ
セガン高校の皆に最後の挨拶に行くウンビ・・・しかしソヨンが何が企んでいる様子です!

>>今すぐ無料視聴する

成長

 

翌日。セガン高校2年3組。

 

女子生徒「大ニュースよ!」と教室に入って来る。

 

「理事長の息子がここの生徒だって」と皆に話している。

 

「なんだと?」とギテ達は騒ぎ出す。「何年生?」と話している。

 

ギテ「逮捕されたよな、どんな気持ちだろう」と。

 

机で寝ていたテグァンの目が一瞬開く。

 

ギテ「父親の名前が報道されるんだぞ」

 

隣の席のイアンはテグァンを心配そうに見ている。

 

ギテ「コン・ジェホ・・・コン?」と言ってコン・テグァンを見る。

 

ギテ「あいつじゃない、そんなわけない」と言って笑ってる。

 

女子生徒は「ソン・ヒヨン(女優)の息子ってこと?」とまだ噂している。

 

ヘナ「理事長って二重人格じゃない?雑誌では立派な教育者ぶってたわ」と話している。

 

テグァンがゆっくり起き上がる。

 

心配そうにイアンはテグァンを見つめる・・・

 

「気にくわないな」「よくやるよな」「ダサいよな」と父親の悪口を言われているテグァン。

 

立ちあがるテグァン。

 

その時、イアンがテグァンの名前を呼びテグァンを止める。

 

イアン「コン・テグァン」

 

振り返るテグァン。

 

テグァン「なに?」

 

イアン「どこへ?」

 

テグァン「トイレだ」と言って教室を出て行く。

 

刑務所の理事長。他の受刑者が息子からの手紙を自慢している話が聞こえてくる。

 

理事長はテグァンの事を思い出している。

 

図書室で本を読むウンビョル。

 

そこへイアンがやって来る。

 

イアン「また本か?」

 

ウンビョル「見てわかるでしょ」

 

ウンビョルの傍に座るイアン。

 

イアン「ウンビョル、覚えてるか?昔はお前が読み終えあるまでずっと近くで待ってた」

 

ウンビョル「遊んでればいいのに」

 

「読み終わったかと何度も聞きに来て鬱陶しかったわ」

 

イアン「どれだけ退屈だったと思ってるんだ?」

 

ウンビョル「誰が待っててくれって言った?」

 

イアン「待ちたかったんだ」

 

ウンビョル「私より背も低くて勉強もダメで、怒ると涙ぐんでたイアンはもういないわね」

 

イアン「ああ、そうだな」

 

「お互い成長して、変わったんだ・・・そうだろ?」

 

「ウンビョル、あのさ・・・」

 

ウンビョル「何よ?言って?」

 

立ちあがって「練習に行くよ」と言ってウンビョルの頭をなでるイアン。

 

ミーナ

ミーナ
テグァンは両親が有名人なので大変ですね・・・

 

ユイ

ユイ
早くお父さんと再会出来る日が来るといいですね!

 

メッセージ

 

スインのお墓参りに行くウンビョル。

 

ウンビョルはお墓に花を供える。

 

ウンビョル「遅くなってごめんね・・・」と心の中で呟いている。

 

「見て見ぬふりして、ごめんね」と心の中で呟き涙を流す。

 

「たまには来てもいいよね?友達だから」

 

少し離れた所にスインの姉とキム先生も居る。

 

スイン姉「学校を辞めるんですか?」

 

キム先生「ええ、居るべきではないので」

 

スイン姉「この先どうするんですか?」

 

キム先生「教師にふさわしい人間に・・・生まれ変わります」

 

セガン高校。

 

2年3組ではキム担任が生徒達に話している。

 

キム担任「急に辞める事になってすまない」

 

「最後まで面倒をみられず残念だ」

 

「最後に言わせてくれ、お前らが過ごしている時間は孤独で辛くて先も見えずに不安だろう・・・」

 

「だが、大丈夫だ、お前らはまだ18歳だから」

 

「朝礼は以上だ」と清々しい表情の担任。

 

ミンジュンが「気を付け、先生に礼」と号令をする。

 

クラスの皆は「ありがとうございました」と挨拶する。

 

静かに教室を出て行くキム担任。

 

自分の荷物を持って車へ運ぶキム担任。

 

すると車の窓にたくさんのメッセージが貼り付けられているのに気づく。

 

ウンビョルからは「間違いは恥ずかしくない」

 

「間違いを認めないことが恥ずかしいという先生の言葉を忘れません」と。

 

メッセージを見て涙ぐむキム担任。

 

そこへ窓から2年3組の生徒たちが声をかけてくる。

 

「先生!」「ありがとうございました!」「行かないで!」

 

ミンジュンからは「正しい道に導いてくれて、ありがとうございました」と。

 

ソンジュからは「恩師としてTVで紹介します!芸能人になるので待ってて下さいね」と。

 

イアンからは「真面目なセリフは似合いませんよ」と。

 

テグァンからは「これからは名前で呼んでもいい?」と。

 

笑顔で皆に手を振るキム担任。

 

ミーナ

ミーナ
とうとう学校を去ったキム担任・・・

 

ユイ

ユイ
2年3組の生徒からのメッセージは感動でしたね!

>>今すぐ無料視聴する

さよなら

 

夜。イアンとウンビョルが会っている。

 

イアン「ウンビョル、約束は守ったぞ」と言って金メダルを渡す。

 

ウンビョル「これは?」

 

イアン「子供の時に全国大会で初めてメダルを取ったらやると約束しただろ」

 

ウンビョル「そうね、そんなことまで覚えてたの?」と嬉しそうにメダルを見つめる。

 

イアン「ウンビョル、今日は別れを言いに来た」

 

ウンビョル「私に?」

 

イアン「違う、10年間の僕の片思いに」

 

ウンビョル「片思いなら1人でお別れすれば?」と笑う。

 

イアン「8歳の子供に何が分かるのかと笑われそうだけど・・・僕はずっとお前が好きだった」

 

ウンビョル「私も友達なのか、それ以上なのか・・・悩んだことがあるわ」

 

イアン「知ってるよ、お前が悩んでいたことを」

 

「だから長い間期待して待ってたんだ」

 

「ウンビョル、頭で考える前に心はもう分かってたんだ」

 

ウンビョル「そうなの?イアン、後になってあなたを好きだったと気づくかも」

 

「早く気づけばよかったと後悔するかも」

 

「10年もそばにいたあなたがいなくなるのよ」

 

「ふとした瞬間に寂しくなりそう・・・」

 

「だけど我慢するしかないわね」

 

イアン「ウンビョル、片思いと別れるだけでお前とじゃない」

 

ウンビョル「当たり前でしょ?こんな便利な友達はいないわ」

 

イアン「おい!」

 

ウンビョル「何よ?」といつもの2人のやり取り。

 

イアン「何でもない」と言ってウンビョルのほっぺをつねる。

 

ウンビョル「やめて」と肩を叩く。痛がるイアン。

 

ウンビョル「怪我した方の肩だった?」と心配する。

 

イアン「・・・こっちじゃない」

 

ウンビョル「騙したわね!」笑い合う2人。

 

ミーナ

ミーナ
イアンはずっとウンビョルに片思いしていた事を伝えましたね。

 

ユイ

ユイ
片思いは終わりの様ですね!

 

守るべきもの

 

鏡の前でスーツを着るテグァン。

 

母親から貰ったネクタイをつけるテグァン。

 

そして父の面会へ訪れる。

 

緊張した様子で父を待つテグァン。

 

少しすると父親が入って来る。

 

受刑服姿の父と対面するテグァン。

 

父はかすかに微笑む。

 

暫く沈黙が続く。

 

テグァン「学校には問題を起こさずにちゃんと通ってるよ」と笑顔で話し始める。

 

父「そうか」と頷く。

 

「お前はしっかりしてるのに余計な干渉したのかもな」

 

「時間がありすぎて色々考えてしまうんだ」

 

テグァン「そんなつもりで言ったんじゃないよ!心配するなってこと」

 

父「ネクタイが似合ってるぞ」とテグァンのネクタイを褒める。

 

テグァン「これは母さんがくれたんだ」と嬉しそうに話す。

 

父「そうか」と笑顔の父。

 

テグァン「信じないかもしれないけど、父さんのいない家は寂しい」

 

驚く父。

 

父「こんな姿を見せてしまって恥ずかしいよ」と申し訳なさそうにする。

 

テグァン「昔は父さんを恥ずかしいと思ってたけど、今は思ってないよ」と笑う。

 

父「テグァン、私は多くのものを守りながら生きてきた・・・」

 

「だが最後の瞬間に私が守るべきものは1つだけだと気づたんだ」

 

「それはお前だよ、テグァン」と父は言う。

 

じっと父をみつめるテグァン。

 

しかしここで面会時間が終了。

 

テグァン「変だな、昔は一緒にいると疲れてたのに、今日は時間が速く過ぎる」

 

「また来るよ、父さん」

 

父「待ってる」と頷く。

 

帰りの車の中で父の言葉を思い出し、涙を流すテグァン。

 

ミーナ

ミーナ
テグァンが父の面会に訪れましたね!

 

ユイ

ユイ
離れ離れになって初めて心が通う親子の対面は切ないものでしたね・・・

>>今すぐ無料視聴する

抱擁

 

夜の道をイアンが1人歩いている。

 

そこへバスが来る。

 

ウンビの姿を見つけてイアンもバスに乗り込む。

 

ウンビの隣に座るイアン。

 

ウンビ「イアン!」と驚く。

 

イアン「塾の帰りか?」

 

ウンビ「うん」

 

イアン「朝の運動に来ないな」

 

ウンビ「寝坊しちゃうの・・・」

 

イアン「待ってるのに・・・」

 

驚いてイアンを見るウンビ。

 

イアン「僕はいつまでも待っていられる」

 

慌てたウンビはウンビ「もう降りないと」と言ってボタンを押そうとする。

 

イアンはその手を止めて「一緒に降りるか?」と。

 

「それとも、もう少し行くか?」と距離が近いイアン。

 

ボタンを押すのを諦めるウンビ。

 

その後、夜の道をイアンとウンビ2人で歩く。

 

ウンビ「明日、最後の挨拶をしに学校へ行くわ」

 

イアン「やっぱり別の学校へ?」

 

ウンビ「うん、明日になったらウンビョルとはお別れね」と笑う。

 

イアン「別れ話しはあまり好きじゃないけど、でもよかった」

 

「新しくやり直せる」

 

ウンビ「うん、ウンビョルとして暮らしてた時は与えてもらうばかりだったわ」

 

イアン「何を?」

 

ウンビ「ママや先生、それに友達からの愛情も」

 

「ウンビョルだという理由だけで、貴方も好きになってくれた」と笑うウンビ。

 

イアン「ここを覚えてるか?」

 

ウンビ「一緒によく来た所でしょ?」

 

イアン「そうだ、だけどウンビと来るのは初めてだ」

 

「ウンビと初めて食事したり、初めて歌を聴いたり・・・」

 

「2人の初めてがたくさん待ってる」

 

「これから新しく始めるんだか・・・行かないでくれ!」

 

何も言えないウンビ。

 

イアン「お前が行くなら、あの時のように僕が行ってもいいだろ?」

 

そう言うとどんどんウンビの方へ近づき、イアンがウンビを抱きしめます。

 

驚いて固まるウンビ。

 

ミーナ

ミーナ
積極的なイアンの態度にウンビもドキドキですね!

 

ユイ

ユイ
視聴者の方も一緒にドキドキしたはずです♪

 

挨拶

 

翌日。セガン高校へ登校して来たウンビ。

 

さっそくテグァンとすれ違う。

 

テグァンは振り返り、ウンビの頭を突く。

 

ウンビョルだと殴られるため頭を防御するテグァン。

 

ウンビ「何してるの?」

 

反応を確認して「ウンビだな?」と嬉しそうなテグァン。

 

テグァン「どうして学校へ?」

 

ウンビ「みんなにお別れしたくてお姉ちゃんに頼んだの」

 

お別れと聞いて表情が暗くなるテグァン。

 

テグァン「統営より遠くへは行くなよ」

 

笑っているウンビ。

 

テグァン「行こう」と言って自分のカバンをウンビに持たせる。

 

ウンビ「もう」と笑って持ってあげる。

 

2人が楽しそうに歩いている様子をソヨンが見ている。

 

ウンビとソンジュ、シジンがジュースを飲んでいる。

 

シジン「もうすぐ夏休みね」

 

ウンビ「何をするの?」

 

シジン「勉強よ」と暗い声。

 

ソンジュ「それより旅行へ行こうよ!」

 

シジン「いい考えね!」と2人は盛り上がる。

 

2人から「あなたは?」とウンビの返事を待つ。

 

「行こうよ」とお願いされウンビは「いいわ」と返事する。

 

3人が楽しそうにおしゃべりしている様子を見ているソヨン。

 

誰かに電話をかけます。

 

一方、カフェで1人でいるウンビョルの電話が鳴ります。

 

ウンビョルが出ると相手はソヨン。

 

ソヨン「ウンビョル、忙しいみたいね?ウンビが学校に来てるわ」

 

ウンビョル「カン・ソヨン、なんか用?私がいなくて退屈?」と面倒くさそうに言う。

 

ソヨン「退屈だからちょっとしたイベントを仕掛けるつもりよ」

 

「見物しに来たら?」

 

ウンビョル「悪いけどそんなに暇じゃないの」

 

ソヨン「残念ね、統営で撮ったすごい動画があるのに」

 

「誰が映ってると思う?」

 

それを聞きピンと来たウンビョルは店を飛び出てタクシーを止めます。

 

急いで学校へ向かう様子。

 

2年3組の教室。ウンビが教壇に立つ。

 

ウンビ「みんな、ちょっと聞いてほしいの・・・」

 

ソンジュ「ウンビョル何を言うの?」

 

「歌うのか?」とからかうクラスメイト達。

 

その頃、学校の前にタクシーが停まる。

 

中からウンビョルが出てきて教室へ走る。

 

2年3組では。

 

ウンビ「私から皆に話があるの」

 

見守るテグァンとイアン。

 

ウンビ「実は・・・」

 

その時、教室にウンビョルが入って来る。

 

ウンビ「お姉ちゃん・・・」と驚く。

 

ウンビョルが現れ、ビックリするクラスメイトたち。

 

ゆっくりと立ち上がり前に出てくるソヨン。

 

2人の間に立ち「やっとそろったわね」とソヨン。

 

「言ったでしょ?統営のイ・ウンビは死んでないって」と嬉しそうなソヨン。

 

ソヨンを睨むウンビョル。

 

最終回へつづく・・・

 

ミーナ

ミーナ
ソヨンの罠によってクラスメイトの前にウンビとウンビョルが揃って登場しました!

 

ユイ

ユイ
最終回を前に盛り上がりますね!

>>今すぐ無料視聴する

『恋するジェネレーション』動画日本語字幕第15話を視聴した人の感想

 

 

 

 

 

 

>>動画日本語字幕フルを無料視聴する

『恋するジェネレーション』動画15話 まとめ

ミーナ

ミーナ
今回は『恋するジェネレーション』15話のネタバレあらすじやキャスト・感想を含め、動画を日本語字幕付きで無料視聴する方法をご紹介して参りました!
ユイ

ユイ
テグァンとウンビのキスシーンを目撃したイアンが今度は積極的に!
ミーナ

ミーナ
ウンビもドキドキ堪りませんね♪
ユイ

ユイ
視聴者も一緒にドキドキしますね♪
ミーナ

ミーナ
最終回を前に盛り上がって参りましたね!ぜひチェックして下さいね♪

>>動画日本語字幕フルを無料視聴する

本ページの情報は2018年2月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。 ※FODのYahoo! JAPAN IDを利用した31日間無料キャンペーンは6月末に終了します。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

恋するジェネレーション 動画 10話

恋するジェネレーション動画10話日本語字幕無料視聴の配信サイトは?

恋するジェネレーション あらすじ 最終回 16話 結末 誰とくっつく

恋するジェネレーションあらすじ最終回16話結末をネタバレ!誰とくっつく?!

恋するジェネレーション 365

恋するジェネレーション365でみれない?動画日本語字幕フルを無料視聴する方法

恋するジェネレーション 9話 あらすじ

恋するジェネレーション9話あらすじと無料動画日本語字幕の視聴!

恋するジェネレーション キスシーン 名言 セリフ

恋するジェネレーションキスシーン・名言セリフは?胸キュン必死のあらすじ・ネタバレ...

恋するジェネレーション日本再放送予定日は?テレビBS・CSと無料視聴をご紹介!

恋するジェネレーション日本再放送予定日は?テレビBS・CSと無料視聴をご紹介!