Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

恋するジェネレーション動画5話日本語字幕フルを無料視聴!

恋するジェネレーション 動画5話

韓国ドラマ『恋するジェネレーション』第5話のあらすじネタバレや感想を含め、動画を日本語字幕で無料視聴する方法をご紹介して参ります!

 

ドラマ『恋するジェネレーション』は大人気『学校シリーズ』第6段となる作品です。

 

この『学校シリーズ』はスターの登竜門として知られており、俳優のキャリアに輝かしい未来が予想されております!

 

今回の主役に抜擢されたメンバーは子役出身のキム・ソヨン。

 

大人気アイドルグループBTOBのメンバー・ソンジェ。

 

若手俳優として急成長中のナム・ジュヒョクです!

 

3人の爽やかな胸きゅんトライアングル・ラブストーリーにハマってしまう人が急増中です♪

 

韓国ドラマ『恋するジェネレーション』第5話のフル動画高画質を日本語字幕で無料視聴できる配信サイトを知りたい方はお見逃しなく!

ミーナ

ミーナ
前回のラストでは、統営のヌリ高校から転校生がやって来ましたね!
ユイ

ユイ
その転校生はウンビをイジメていた女子高生でした!
ミーナ

ミーナ
イジメっ子の方もウンビョルとして2年3組にいるウンビに気がつきます!
ユイ

ユイ
イジメっ子がこのまま黙っている訳もないでしょうから・・・
ミーナ

ミーナ
この後の展開も見逃せませんね♪
ユイ

ユイ
ウンビとテグァンの距離も縮まってきました♪2人の関係にも注目です♪

>>今すぐ無料視聴する

『恋するジェネレーション』動画日本語字幕第5話あらすじ

 

ハン・イアン

 

イアンがプールでインタビューに答えています。

 

イアン「水泳の天才という言葉は嬉しいけど、負担です」

 

「最初は浮いていられず、コースも泳ぎきれませんでした」

 

ハン・イアン

 

セガン高等学校

 

水泳部

 

イアン「自分より速い友達に腹を立てていました」

 

「その時から人より多く練習を」

 

「水の中では誰にも負けないと決めたんです」

 

「天才じゃなくてすみません」と笑う。

 

「大切なもの?水泳だけじゃありません」

 

「まずは父親・・・それと・・・」と誰かを思い浮かべて照れ臭そうに笑うイアン。

 

金メダル

 

橋の上でイアンと別れて歩き出すウンビ。

 

私は記憶を取り戻そうとあがいていたけど、もうやめるわ。

 

なんとなく、何も覚えていなかった時が恋しくなりそうで・・・

 

イアンとの楽しい思い出の回想シーンが甦る。

 

イアン「気をつけてな」と手を振る。

 

ウンビは振り返らず「イアン、元気でね」と心でつぶやく。

 

イアンが家で金メダルを持って裏と表を繰り返し「後悔する、後悔しない」と呟いている。

 

「後悔しない」と決心し、ウンビョルにメールを送る。

 

ウンビョルに話しがあるから会おう、と呼び出します。

 

ウンビョルに会いに走るイアン。

 

しかしウンビとテグァンが仲よさそうに遊んでいる姿を目撃してそのまま帰ってしまいます。

 

ウンビが何も知らずに家に帰ると、玄関の所にイアンの金メダルが掛けてありました。

 

部屋に忘れた携帯を見るとイアンから「今から会おう」というメールが来ていました。

 

ウンビは「金メダルはあなたが?」とメールを送ります。

 

イアン「うん、あげると約束したからな、覚えてないと思うけど」と。

 

ウンビは金メダルをしまおうと引き出しを開けます。

 

そこには赤い箱が。

 

中にはイアンからのクリスマスカードやイアンとウンビョルの幼い頃の写真などが保管されていました。

 

赤い箱の中にイアンの金メダルも一緒にしまうウンビ。

 

一方、ベットの上で考え込むイアン。

 

転校生

 

セガン高校。

 

キム先生が女子生徒をつれてやって来ます。

 

担任「転校生が来たぞ」

 

先生に促され、入って来た女子生徒を見ておどろくウンビ。

 

自己紹介をする転校生。

 

ソヨン「統営のヌリ高校から来ました、カン・ソヨンです」

 

「仲よくしてね、よろしく・・・」と言いかけたソヨンとウンビの目が合います。

 

驚くソヨン。

 

何と、転校生はウンビを虐めていたカン・ソヨンでした!

 

休み時間に販売機の前のテーブルでウンビョルや友人たちがおしゃべりをしています。

 

そこへソヨンが現れる。

 

ソヨン「私も座っていい?」

 

シジン「もちろん」とクラスメイトたちは歓迎する。

 

ウンビの隣に座るソヨン。

 

シジンは「修学旅行で統営に行ったのよ」と話しかける。

 

「引っ越してきたの?」と聞かれるとソヨンは「父がソウル地検に異動になったの」と答えます。

 

廊下ではイアンを待っていた後輩がイアンに差し入れを渡している。

 

後輩の女子生徒たち「練習のあとにどうぞ」と箱を渡す。

 

イアン「ありがとう」と受け取ります。

 

後輩たちは「かっこいい~」と言い合いながら去る。

 

イアンは貰った箱をウンビョルにあげる。

 

ウンビョルから箱を横取りする友人たち。

 

「おやつよ!」とお菓子を食べる友人たち。

 

ソヨン「彼は水泳選手なの?仲がいいみたいね」とウンビを見る。

 

ソンジュが「8歳からの幼なじみよ」と代わりに答える。

 

ソヨンはジロジロとウンビを見ている。

 

居たたまれず「トイレに行ってくる」と言い1人席を立つウンビ。

 

トイレで手を洗っているウンビ。

 

そこへソヨンがやって来る。

 

ソヨン「私に見覚えは?」と尋ねます。

 

明らかにソワソワしているウンビ。

 

ウンビ「見覚えはないわ」と。

 

ソヨン「そう?統営の・・・」と言われドキッ!とするウンビ。

 

ソヨン「病院で失礼なことしたわ」と。

 

記憶がなかった頃に病院でソヨンに会った回想シーン。

 

ソヨンはウンビョルをウンビと思い髪をひっぱたり乱暴を働きウンビョル母に警察を呼ばれそうになっていました。

 

本当は記憶を失くしたウンビだったのですが・・・

 

ウンビ「ああ、あの時の子ね」と思い出した態度を示す。

 

ソヨン「あの時は悪かったわ」「仲の悪い友達と間違えたの」と謝る。

 

ウンビ「友達?仲が悪いからって、友達にあんなことを?」と呆れます。

 

ソヨン「理由があるのよ、誤解しないでね、仲良くしましょう」と言ってウンビの手を握る。

 

ウンビの顔は険しいままです。

 

親の思い・子の思い

 

もうすぐ全国模試だから勉強に励むように叱咤する女性教師。

 

「休み時間も勉強しなさい!」と厳しい言葉。

 

殴り合いの喧嘩をしたテグァンと男子生徒ギテは罰として学校のガラス磨きをさせれています。

 

キム先生は「掃除が目的じゃない、向かい合って視線を合わせて作業をするように」と。

 

2人に向かい合うよう指示します。

 

勉強会。

 

ミンジュンやシジンら5人が机に向かい数学の授業を受けています。

 

しかしシジンは全くついていけない様子。

 

車の中でミンジュン母とシジン母が話しています。

 

ミンジュン母「芸術体育学校に移すか、コンサルティングを受けるの」

 

シジン母「まだ高校2年生ですよ?」

 

ミンジュン母「あなた、美容のことだけじゃなく、娘のことも考えなさい」と笑われる。

 

「3年生になってからじゃ手遅れよ」とミンジュン母に指摘されます。

 

「へぇ~」と頷いて納得しているシジン母。

 

ミンジュン母「優秀な医者でも末期患者にはお手上げなの」と。

 

「優秀な受験専門家でも3年生は救えない」と厳しい言葉。

 

シジン母「コンサルティングを受ければ韓国大学にいけるかしら?」と。

 

ミンジュン母「一度で完治する患者もいれば、長期治療が必要な患者もいるのよ」と。

 

「あなたは私に会えてラッキーなのよ」と。

 

「うんうん」と嬉しそうに頷くシジン母。

 

そこへミンジュンがやって来る。

 

ミンジュン母「終わったの?」と。車を降りる2人。

 

シジン母「ミンジュンね」と挨拶する。

 

シジンの母です、と言われて驚くミンジュン。

 

ミンジュン「イ・シジンの?」と母親に似ていないことを驚いている様子。

 

そこへシジンも出てくる。

 

シジン母「シジン!お帰り」と言ってシジンの肩を抱く母。

 

シジンもミンジュン母に挨拶する。

 

シジン「はじめまして」

 

ミンジュン母「優しそうなお嬢さんね、父親似ね」とキッパリ言う。

 

シジンも母もミンジュンも驚く。

 

テグァンは家で父と向き合って座っています。

 

理事長「入学手続きは済んでいる」と書類が入った封筒を出す。

 

何も言わず封筒を持って出て行くテグァン。

 

自室でウンビョルと遊んだ夜の事を思い出し、思わず笑ってしまうテグァン。

 

笑っている自分にビックリして自分の顔を殴る。そして痛がるテグァン。

 

チョン・スインからのメール

 

ウンビが家のパソコンで「統営の女子高生自殺」の記事を見ています。

 

記事には「虐めが原因で自殺」と書いてある。

 

ソヨンたちに虐められた過去を思い出すウンビ。

 

ため息をついて突っ伏してしまう。

 

そこに新着メールが届きます。

 

送り主は「チョン・スイン」

 

メールには「最後にもう一度会える?図書館で待ってる」と。

 

本の番号も一緒に添付されていました。

 

ウンビは早速学校の図書館で本を探します。

 

しかし本はみつけるが何のことか分からないウンビ・・・

 

疑い

 

ウンビが教室に戻ると、ソンジュとシジンと仲良くおしゃべりしているソヨンの姿が。

 

ウンビの姿に気づいたソンジュ。

 

ソンジュ「制服モデルの一次審査に通ったの」と嬉しそうにポーズを決めてみせる。

 

ウンビ「おめでとう!」と喜ぶ。

 

シジン「スターになるかもね!」

 

ソンジュ「サインしておこうか?」

 

シジンにサインを描くソンジュ。

 

ソヨンはウンビに「学校を案内してくれない?」と話しかける。

 

それを聞いたソンジュは「ウンビョルは今でも校内で迷うのよ」と。

 

ソヨンが「どういうこと?」と聞くと。

 

シジンが「統営で事故に遭って、記憶がないの」と明かす。

 

ソヨン「統営で?大変ね」と。

 

ソンジュ「大丈夫よ、すぐ記憶も戻るわ」と言ってウンビのほっぺを弄る。

 

テグァンもウンビたちの会話を何となく聞いています。

 

お昼。

 

ウンビ、ソンジュ、シジン、イアンが食べていると、ウンビの隣にテグァンが座る。

 

そこへやって来たソヨンに声をかけるソンジュ。

 

ソンジュ「転校生、ここにどうぞ」

 

ソンジュの隣に座るソヨン。

 

ソヨン「1人だったらどうしようかと思ったわ」と。

 

せき込むウンビ。

 

イアンが水を渡そうとするとそれを奪って飲み干すテグァン。

 

テグァン「1人じゃ食べられないわけ?」とソヨンに言う。

 

シジンが「気にしないでね」とフォローします。

 

ソヨンは「幼なじみなんですって?」とイアンとウンビに目を向ける。

 

イアン「うん、そうだよ」

 

ソヨン「親しいのね」

 

テグァン「こんな生意気な女と?優しいんだな」

 

イアンとテグァンが微妙な雰囲気に。

 

ソヨン「でもやっぱりよく似てるわ」とウンビを見つめます。

 

ソンジュ「ウンビョルが?誰と?」

 

ソヨンは「統営で同じクラスだった子よ」と笑う。

 

ウンビは固まってしまいます。

 

不思議そうなソンジュたち。

 

その後、ソヨンは統営でウンビを虐めていた仲間に電話をしている。

 

ソヨン「似ているどころじゃないの、完全に瓜二つなのよ」「生き返ったみたい」「写真を送るわ」と。

 

ソヨン「寂しいでしょう」とイアンに声をかける。

 

イアン「何が?」

 

ソヨン「10年来の友達に名前も忘れられて」

 

イアン「毎日ウンビョルにお仕置きしてるからだいじょうぶだ」と笑います。

 

ソヨン「ごめんね、余計なこと行ったわ」と謝る。

 

イアン「カン・ソヨン、上手く学校に馴染んだな」と意味深な言葉を残す。

 

ソヨン「?」ドキッとする。

 

その後、こっそりウンビの写真を撮ろうとしてるソヨン。

 

ソヨンは携帯のカメラでウンビを狙います。

 

そこへ急にテグァンが顔を出し、ビックリして携帯を落としてしまうソヨン。

 

声をあげたためソンジュたちも気づく。

 

ソンジュは「この子に何したの?」とテグァンを疑います。

 

テグァン「写真を撮ろうとしてたからポーズしたんだ、俺の方が絵になる」と言ってウインクする。

 

ウンビは「あなた隠し撮りしてたの?」と驚きます。

 

ソヨン「楽しそうだったからつい・・・」と言い訳します。

 

ソンジュ「盗撮はやめて、私の顔は高いのよ」と。

 

そして改めて皆で写真を撮る雰囲気になります。

 

しかしウンビは「私は嫌よ」と言って1人でどこか行ってしまう。

 

テグァン「別人みたいになったが、最近ではすっかり生意気な女だ」とこぼします。

 

留学

 

担任と話すテグァン。

 

担任「留学の話聞いたぞ」「同意したのか?」とテグァンに確認します。

 

笑うテグァン「父の意思なら従うしかいない」と。

 

テグァンは退学届けにさっさとサインします。

 

担任「退学届けが受理されるまで2週間の猶予があるから」と考えるよう促します。

 

出て行くテグァン。

 

イアンに有名な広告会社のK企画の社員が会いに来ます。

 

イアンをモデルに起用したい様子。何度も断られたが諦められないらしい。

 

男性「有名な選手の中でも君ほど人気のある選手はいない」と。

 

しかしイアンは「すみません、5月の試合に向けて練習に専念したいんです」と。

 

「気が向いたら連絡を下さい」と残念そう。

 

一方のテグァンは、留学申請書をながめてため息をついていました。

 

イアンの気持ち

 

夜、ウンビの家の前に来たイアン。

 

部屋に電気がついていないことを確認。

 

ウンビに「何してる?」とメールするイアン。

 

すると丁度家の中からウンビが出てきて驚く2人。

 

ウンビは「お腹がすいた」と言い。

 

笑いながらイアンはウンビョルの肩を抱いて歩き出す。

 

2人はコンビニの前でカップラーメンを食べている。

 

ウンビ「どんな約束をしたの?」と。

 

イアン「全国大会の初金メダルをあげるって」と。

 

「統営まで行ったけど渡せなかったんだけど、お前が怒ってたから」と。

 

イアンがウンビョルの事を想っていることを知るウンビ。

 

「ここにもよく来てたんだぞ」と言ってウンビの残したラーメンを食べるイアン。

 

「思い出すのを手伝うよ」とイアン。

 

ウンビは「いいのよ」と断る。

 

イアンに「思い出したくない?」と聞かれ答えられないウンビ。

 

部屋に帰ったウンビは写真のウンビョルに話しかける。

 

「お姉ちゃんは知ってたの?イアンはお姉ちゃんが好きなのね」と。

 

しおり

 

ソヨンはウンビョルが行方不明になった際のチラシの記事を見ている。

 

ソウルで会ったのはこの子かしら?と写真を見ている様子。

 

ウンビが死んだ時に失踪って・・・と怪しむ。

 

ソヨンはジュースを渡して「ごめんね、まだ怒ってる?」とウンビに聞く。

 

ソンジュが「私がカワイイから撮られたのよ」と間に入ります。

 

「仲直りしましょう」と手を出すソヨン。

 

クラス中が見ている・・・

 

しかし席を立ち出て行ってしまうウンビ。

 

クラスメイトたちは「あのキツさ・・・記憶が戻ったのかな?」と話しています。

 

ソヨンが気になるテグァン。

 

廊下で「ウンビョル」と名を呼ばれ腕をつかまれたウンビ。

 

ウンビは「もしかしてスイン?」と聞きます。

 

女子生徒は「記憶喪失ときいたけど・・・戻ってないのね」と。

 

「スインは死んだでしょ・・・1年前に」と言われ驚くウンビ。

 

図書カードが赤い箱にあったことを思い出すウンビ。

 

カードを持って図書館へ急ぎます。

 

そこで番号の本を見つけます。

 

番号の本の間にはシオリが挟まっていました。

 

シオリには「見てないふりをしてもいい、友達だから」と書かれていました。

 

後援者

 

ソンジュとシジンが下校している。

 

シジン「ウンビョルが授業をさぼるなんて・・・」と心配します。

 

「ソヨンはいい子だと思うけど、なぜ嫌うのかな?」とソンジュ。

 

現れたテグァンにウンビが残していったカバンを持たせると、そのまま持って行ってしまう。

 

ソンジュが「おいしいもの食べる?」と誘うが「勉強会なの」と断るシジン。

 

勉強会。

 

先生「今から問題を解くぞ、スタート!」と時間を計る。

 

先生「この程度の問題は1問1分で解くんだ」

 

「1分経過、次の問題だ」

 

「1分で解けなければソウル大は無理だぞ」と発破をかけます。

 

シジンは1人ついていけていない様子。

 

休憩時間。

 

ミンジュンに「お前のクラスの子は理解できてるのかな?」とシジンの事を噂している4人。

 

「さっきの問題にも苦労してたわね」

 

「レベルが低すぎる」

 

「よく参加できたわね」とシジンの噂を続けます。

 

戻って来たが自分のことを言われてると悟ったシジンは部屋に入れない。

 

ミンジュンは「彼女はウンビョルの補欠の補欠だ」と。

 

「おかげで学費が50万ウォンずつ浮いた」と明かす。

 

「私達の後援者なのね」と納得する女生徒。

 

部屋の外で皆の話を聞き、悔しそうなシジン。

 

ロッカーで着替えをしているイアン。

 

肩を痛そうに回す。

 

コーチは「負傷したらすぐに報告しろと言っただろ!」と1人の選手を怒っています。

 

軽傷を負った選手を欠場にすると決めた様子。「選手生命の方が大事だ!」と言っている。

 

欠場を言い渡された選手は「大丈夫です」と言って聞かない。

 

その様子を見てイアンはため息。

 

シジン母の運転する車の中。

 

シジンは母に「勉強会をやめてもいい?」と聞きます。

 

母「入ってまだ数日でしょ?」

 

シジン「行きたくないの、レベルが高すぎるわ」

 

母「あなたの問題はそこよ、弱気になってる」

 

「頑張って追いつくのよ!やってみなさい」と怒る母。

 

涙ぐむシジン。

 

驚いて車を止める母。

 

母「泣かないの、分かったわ、芸術体育学校に移りましょう」と。

 

「美術でも高額なレッスンを受けたら望みがあるみたいよ」「音楽はダメだわ」

 

「どうしたいの?」とシジンの返事を待つ母。

 

しかしシジンの煮え切らない態度にイライラする母。

 

母「はっきりしなさい、どうやって大学に行くつもりなの」「やりたい事は何の?」の怒鳴られ車から逃げるシジン。

 

母に「どこ行くの!」と怒鳴られ足を止め、振り返るシジン。

 

シジン「やりたい事がないの」と。

 

シジン「パパは優秀、ママは美人だからいいわよ!」

 

「2人の子なのに私は何もできないの!」と泣き叫ぶシジン。

 

呆れる母。

 

ウンビョルの日記

 

本に挟まっていたウンビョルの書いた紙をみつけたウンビ。

 

「今日もあの子がついてくる」

 

「振り返って私に脅す友達の顔をみるのが怖い」

 

「あの子は私が1人だと、灯りを消して戸を閉める」

 

「そして、跡形もなく消える」

 

「ママに話す事も声を出して泣く事もできない」

 

「私は罰を受けるべき子だから」

 

それはウンビョルの日記を破ったものだった。

 

ウンビョルは何かの影に怯えていた。

 

水泳の練習が終わりプールを出ると、ウンビが待っている。

 

嬉しそうに声をかけるイアン。

 

しかしウンビの表情を見て「なにかあったのか?」と心配するイアン。

 

ウンビ「記憶を取り戻すのを手伝ってほしいの」と。

 

「過去の自分を知りたいの」「コ・ウンビョルに戻りたい」と言いだすウンビ。

 

イアンは記憶を取り戻してやるよ、と言って頭をなでます。

 

その代わりに僕の願いを聞いてくれ、と。

 

イアンに約束させられます。

 

イアンに送ってもらい家に帰って来るウンビ。

 

その時、家の前でメールが来ます。

 

テグァンから「10秒待つ」とカバンの写真付きでメールが送られてきます。

 

それをイアンが見て、代わりにカバンを取りに行きます。

 

イアンが現れてビックリしているテグァン。

 

イアンは「カバンを渡しに来たんだろ」と。

 

テグァンは「違う、ウンビョルに会いに来た」と。

 

怒りを抑えて「また、明日な」とカバンを持って帰るイアン。

 

悔しそうなテグァン。

 

辛い時は

 

ウンビは「愛の家」の写真を見ている。

 

電話を取り、「愛の家」に電話をかけるウンビ。

 

すると仲が良かった少女ラジンが出て思わず名前を呼んでしまいます。

 

ラジンはすぐに分かり「ウンビおねえちゃんなの?」と呼びます。

 

何も言えず、電話を切ってしまうウンビ。

 

「ラジン、ごめん・・・」と言って電話を切って泣いてしまうウビン。

 

そこへ母が。

 

泣いているウビンを抱きしめ「辛い時は我慢しなくていい、泣いていいのよ、一緒に泣きましょう」と。

 

翌朝。ご飯を食べている2人。

 

母「何か欲しいものはないの?」

 

ウンビ「なにもないわ」と言われ、つまんなそうな顔の母。

 

母「服でも買う?」

 

ウンビ「山ほど持ってるわ」

 

母「欲しいものやしたい事があったら言ってね」「母親にはそうするものよ、分かった?」と念を押します。

 

ウンビは何も言わず笑い返す。

 

ウンビはウンビョルの日記帳のことを母に聞こうとしますがやめます。

 

ウンビ「今度の試験は成績が落ちそうなの」

 

母「気にしなくていいのよ」

 

ウンビ「でも頑張ってみる」

 

母「分かった、力になるわ」と言い、何か考えている様子の母。

 

イアンとウンビが登校して来る。

 

そこへソンジュとシジンも合流。

 

ソンジュは「無事にテグァンからカバンを受け取ったのね」と安心している。

 

そこにテグァンがわざとイアンにぶつかってくる。

 

テグァンは「悪い、悪い」と素直に謝る。

 

イアンはわざとだと分かっている。

 

ウンビョル母がミンジュン母を呼び出して珈琲ショップで会う。

 

ミンジュン母「こっちから連絡すると言ったのに」と迷惑そう。

 

ウンビョル母「必要ないわ、娘を勉強会から外して」と言います。

 

ミンジュン母「寝に持ってるの?」

 

ウンビョル母「不安に駆られて勉強させていたけど、ウンビョルを見て不憫に思ってたの、もう無理強いはやめるわ」

 

ミンジュン母「泣かせる話ね、でもそれば愛情じゃなくて無責任よ」「一度ぬけたらもう戻れないわよ」と。

 

ウンビョル母「分かってるわ、終わらせるために来たの」そう言って店を出て行く。

 

理事長室でキム担任と理事長が話している。

 

担任「テグァンの退学届です、父親の意思なら行くと言っています」

 

「本人の選択ではないんですね」

 

理事長「いつ受理されるんだ?」と。

 

担任「行かせるんですか?」

 

理事長「問題を起こすのは私へのあてつけだ」「あいつのためにも離れるべきだ」

 

担任「今回もこんな形で処理を?」「1年前と同じだ」と理事長に強く言う担任。

 

理事長「ジュンソク、ただ従ってくれ」と、頼む理事長。

 

担任「これ(退学届)は預かります、テグァンが問題を起こした時は私のやり方で対処します」

 

そう言って出て行くキム担任。

 

哀れな人

 

女子トイレでメイクしているクラスメイトに近寄るソヨン。

 

ソヨン「ウンビョルってみんなの顔も忘れてたの?」と聞きこみをするソヨン。

 

クラスの女子「性格も別人みたいだったわ」

 

「あのキツいウンビョルがこう言ったのよ、どうも、って」

 

「字まで全く違うのよ」

 

「ところで何故ウンビョルの話を?」

 

ソヨン「ただの好奇心よ」と誤魔化す。

 

ウンビョルに話があると言い、2人きりになるソヨンとウンビ。

 

ソヨン「実は悩みがあるの」

 

ウンビ「聞きたくないわ、他の人に話して」と言って去ろうとする。

 

ソヨンは「統営に居た時・・・」と前の学校の話を始める。足を止めるウンビ。

 

ソヨン「統営に居た時、虐められっ子がいたの・・・」

 

ソヨン「中学の時は学級委員もしてたけど、調子に乗ってたせいで鼻をへし折られたわ」と語ります。

 

2年前・統営ヌリ中学校の回想シーン。

 

ソヨンがオ・ジョンアという女子生徒を虐めていた。

 

委員長だったウンビは教師に虐めを訴えます。

 

結果、ソヨンは停学処分に。

 

しかしソヨンの虐めは止まらない。

 

ウンビは「文句は私にいいなさい」と。

 

ソヨン「いいの?じゃあ、次からはそうするわ」と。

 

こうして虐めのターゲットはウンビへと変わったのでした。

 

現在。

 

ソヨン「友達同士でふざけてただけなのに、その子が死んで、何の罪もない私が転校するためになったの」

 

その話を聞いたウンビは振り返って「何が言いたいの?」と聞きます。

 

ソヨン「死んだ人間が生き返ったら?」「誰かになり済まして周囲も騙してたら?」

 

「確かめるつもりなの」「あの子が死んだのか生きてるのか」と楽しそうなソヨン。

 

ウンビ「友達が死んだのに、そんなことしか考えられないの?」「哀れな人ね」と言い捨てます。

統営ソヨンとウンビの回想シーン。

 

ウンビ「あなたのことを小学校の頃から哀れな人と思ってたわ」

 

同じ言葉を使ったウンビョルに確信をもった様子のソヨン。

 

ソヨン「そう言うと思ってたわ」「虐められっ子」「変わらないわね」

 

「ねぇ、イ・ウンビ、久しぶりね」とニヤリと笑うソヨン。

 

振り返ったウンビの顔を見て嬉しそうなソヨン。

 

6話につづく・・・

>>無料動画で視聴する

『恋するジェネレーション』動画日本語字幕第5話を視聴した人の感想

 

 

 

 

 

>>無料動画で視聴する

恋するジェネレーション動画5話まとめ

ミーナ

ミーナ
今回は『恋するジェネレーション』5話のあらすじやキャスト・感想を含め、動画を日本語字幕で無料視聴する方法をご案内して参りました!
ユイ

ユイ
ウンビョルとして生きて行こうと決心したウンビの元にイジメっ子のソヨンが転校してきました!
ミーナ

ミーナ
今回も盛り上がりましたね♪ソヨンがいい仕事をしますね!
ユイ

ユイ
ウンビを巡ってイアンとテグァンの攻防も見どころでしたね!
ミーナ

ミーナ
続きがますます気になりますね~♪
ユイ

ユイ
『恋するジェネレーション』の続きが気になった方はぜひ、日本語字幕動画を無料視聴してお楽しみ下さい♪

>>無料動画で視聴する

本ページの情報は2018年2月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。 ※FODのYahoo! JAPAN IDを利用した31日間無料キャンペーンは6月末に終了します。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

恋するジェネレーション 動画 17

恋するジェネレーション動画17話日本語字幕の無料視聴は?

恋するジェネレーション jpmovie

恋するジェネレーションJPMovie動画フルはみれない?日本語字幕の無料視聴はど...

恋するジェネレーション日本再放送予定日は?テレビBS・CSと無料視聴をご紹介!

恋するジェネレーション日本再放送予定日は?テレビBS・CSと無料視聴をご紹介!

恋するジェネレーション 動画 2話

恋するジェネレーション動画2話日本語字幕を無料視聴!

恋するジェネレーション 14話

恋するジェネレーション14話動画日本語字幕の無料視聴は?あらすじ感想も

恋するジェネレーション 動画 1話

恋するジェネレーション動画1話日本語字幕以外も無料視聴するには?