Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

恋するジェネレーション3話あらすじ感想!無料動画の視聴も

恋するジェネレーション 3話

韓国ドラマ『恋するジェネレーション』第3話のあらすじネタバレや感想を含め、動画を日本語字幕で無料視聴する方法をご紹介していきます!

 

韓国ドラマ『恋するジェネレーション』は2015年放送の大人気学園ドラマです!

 

BTOBのソンジェ、キム・ソヒョン、ナム・ジュヒョクが主演を務めた話題作!

 

舞台となるのは学校ですが、大人たちにも忘れかけていた「青春」を思い出させる素敵な内容です♪

 

ヒロインを取り巻くイケメン2人の演技も大注目ですよ♪

 

貴方はソンジェ派?ナム・ジュヒョク派?どちらに惹かれるのでしょうか?

 

韓国ドラマ『恋するジェネレーション』第3話のあらすじネタバレやフル動画を日本語字幕で無料視聴できる配信サイトを知りたい方はお見逃しなく!

>>今すぐ無料動画でみる

『恋するジェネレーション』動画日本語字幕第3話あらすじ・ネタバレ

 

菊の花

 

コ・ウンビョルが失踪してから1週間後。

 

セガン高校2年3組。

 

教室のウンビョルの席には白い菊の花が置いてある。

 

友人のソンジュが花を見つけ、「誰の仕業なの?」とクラスメイトに聞きます。

 

一番最初に来たのは誰か?と聞くと、ミンジュンを指さすクラスメイトたち。

 

ミンジュンに「来た時に花はあった?」と聞くが覚えていないと答えるミンジュン。

 

ミンジュンはいつも勉強に忙しい様子。

 

クラスメイトたちは「どうせ犯人は名乗り出ない」と特に気にしてもいない様子。

 

ソンジュは「ウンビョルを心配しろとは言わないけど、これはやりすぎよ!」と言って怒ります。

 

ソンジュはその場で花を折り踏みつけます。

 

セガン高校2年3組の女子生徒、ソ・ヨンウン。

 

インタビューに答えている様子。

 

いまどき不良グループはいない、カツアゲやパシリもない、と答えています。

 

ウンビョルについて聞かれ、「時々いっしょに遊んだけどよく知らない」

 

「あの子のことは話したくない」と言い勉強があるから行きますと言って去ります。

 

ロッカーのネックレス

 

ウンビョルのロッカーからソ・ヨンウンの母の物とされる高価そうなネックレスが発見されます。

 

担任の先生に一緒に来るよう言われるウンビョル。

 

クラスメイトは「ウンビョルが盗んだのか?」と騒ぎます。

 

イアンがウンビョルの手を取り教室を出て行ってしまいます。

 

中庭まで来る2人。

 

ウンビョルは「真相を確かめないと!」とイアンに手を離すよう言います。

 

「自分が犯人なら罰を受けるし、誤解なら解かないと!」と言う。

 

それに対し「方法は?あのネックレスを盗んだのか?覚えていないのにどうやって誤解を解くんだ」と尋ねるイアン。

 

「じゃあ逃げろと言うの?」とウンビョル。

 

「そうじゃないけど、もどかしいんだ」とイアン。

 

「確かめもせず怯えてる」

 

「お前らしくないぞ」とイアン。

 

「らしくって何よ?」とウンビョル。

 

「誰を信じたらいいか分からなくなってるんだろ?」とイアン。

 

「お前が信じるべきなのは他の誰でもない、ウンビョル、お前だ」

 

「生意気で時々腹も立つけど、人の物を盗んでロッカーに隠したりする奴じゃない」とイアン。

 

「本当に?自分を信じてもいいの?」とウンビョル。

 

イアンは頷きます。

 

担任と話すソ・ヨンウン。

 

「つまり、遊ぶ金を工面しろとウンビョルに脅されて母の貴重品に手を出したということか?」と担任。

 

「はい」と答えるヨンウン。

 

しかし担任は「今のウンビョルに事情を聞くのは難しいな」と悩む。

 

ヨンウンは「成績トップの優等生だからウンビョルが盗むはずないと思ってますか?」と。

 

担任は「親御さんたちにも話を聞く必要があると言っているんだ」と。

 

ヨンウンは「家族間の窃盗は罪に問えないそうですね」と。

 

「盗んだのは私だし、戻ってきたんだからなかったことに」

 

「他の子に知られるのはイヤなんです」と言います。

 

学暴委

 

体育の授業中。

 

ウンビョルと友人たち。

 

「先生は何と言ってたの?」と聞かれるウンビョル。

 

先生は「お前に事情を聞いても無駄だな、教室に戻れ」とだけ。

 

「問題が起きてるのにみんな無関心だわ」と友人は愚痴る。

 

そこへ、ヨンウンと母親が歩いているのを見かけるウンビョルたち。

 

母親が学校へ乗り込んで来た様子。

 

ウンビョルは友人にヨンウンについて聞く。

 

「ヨンウンはお金を使いすぎてるのは変だ」と。

 

友人は「自分達が使わせてるわけじゃないよ?」と誤解を解く。

 

安心するウンビョル。

 

職員室にて、担任と教師とヨンウン母とヨンウン。

 

担任は「ウンビョルのロッカーにあったのは事実です」と伝えます。

 

するとヨンウンの母は「学暴委を開くよう要請します」と言います。

 

学暴委とは学校暴力自治委員会のこと。

 

ヨンウンは「私は嫌です、あの子は何も覚えていないのよ穏便に」と言います。

 

母は自分に任せておきなさいと聞きません。

 

ヨンウンは「学暴委を開いて私がいじめを受けていると宣言するつもりなの?」と訴えます。

 

すると「いじめられてるの?だれに?名前をいいなさい」と騒ぐ母。

 

「心配する母親みたいなふりはやめて」とヨンウン。

 

先生が見かねて「母親になんて事を言うんだ」と諌める。

 

すると母親が「娘になんてこと言うのか!謝れ」と教師を怒鳴りつけます。

 

教師は叱るのが役目ですと伝えるも納得しない母。

 

「しつけは自分がやる、娘に謝れ」と引かない母親。

 

母に呆れて職員室を出て行くヨンウン。ヨンウンの後を追う母。

 

教師達も呆れる。

 

話をしよう

 

ウンビョルはヨンウンに電話するが留守番電話につながります。

 

「話をしよう」とヨンウンにメールします。

 

一方、教師たちは屋台で飲んでいます。

 

教育について語り合っている内に熱くなっている様子。

 

教権とは、教師が教える権利だ、と語っている。

 

キム担任は訴訟が怖い、教師だって生きて行かなくてはいけない、と弱腰の発言。

 

家に居るヨンウン。

 

ウンビョルから電話が来るが出ようとしません。

 

2年生の学期初めの回想シーン。

 

1人で居たヨンウンに話しかけるウンビョル。

 

ウンビョルから「仲良くしましょう」と言って握手する2人。

 

ウンビョルとの出会いを思い出すヨンウン。

 

携帯にはウンビョルからのメールが。

 

「話したいことがたくさんあるから電話かメールをして」と。

 

メッセージを見て、電話を投げて布団をかぶってしまうヨンウン。

 

スインのママ

 

ウンビョルは道で女性に声をかけられます。

 

「小学生のころによく家に遊びに来ていた」と言われます。

 

「だれですか?」と聞くと、「スインのママよ」と女性が言う。

 

そこへウンビョルの母が来て、挨拶する。

 

2人の仲良い姿を複雑な表情で見るスインの母。

 

スインの母と別れ、スインと仲良しだったのか?と母に聞くウンビョル。

 

母は「小学生の頃にね」とだけ言う。

 

「同じ高校なの?」と聞くと、「違うと思う」と母は言い「帰って夕飯にしましょう」と話題を変えます。

 

傷跡

 

朝、ウンビョルの家の前をうろうろしているイアンの姿がありました。

 

自転車を押して丁度ウンビョルが帰って来ます。

 

「何してるの?」と言われ、「運動してた」と答えるイアン。

 

帰ろうとするウンビョルのフードを引っ張って、「最近食べすぎだから運動しろ」と言って連れ出すイアン。

 

川べりを歩く2人。

 

「あの後どうなったのか?」と聞くイアン。

 

「おとがめ無しで逆に気になる」と話すウンビョル。

 

「きっと大丈夫、俺を信じろ」とイアン。

 

ふと、首の傷が消えているのをイアンに指摘される。

 

「傷なんてなかったわ」と答えるウンビョル。

 

「まぁ、いいか」と言うも不思議に思うイアン。

 

あなたは何者?

 

教師達はヨンウンの母が学暴委を要請している件について話し合っています。

 

親達が必要以上に騒ぎ立ててる、と意見する教師。

 

ウンビョルは事件について記憶がない、と担任。

 

しかし他の生徒まで「記憶にない」と言い逃れる可能性を示唆する教師も。

 

他の生徒に事情を聞くよう言われる担任。

 

ひとまず、暴力実態調査を実施して関係のある生徒と面談する、と担任。

 

女子トイレに入っているウンビョル。

 

他の生徒たちの噂話が聞こえて来ます。

 

「ヨンウンがはめたんじゃない?」

 

「ウンビョルの記憶喪失も嘘じゃない?」などと聞こえてくる。

 

鏡の中に向かって「コ・ウンビョル、あなたは何者なの?」と語りかけるウンビョル。

 

ウンビョルが1人でいるとラジコンがぶつかって来ます。

 

コン・テグァンのラジコンでした。

 

テグァンに「私達は友達?」と聞くと「まさか」とテグァン。

 

「おかしいでしょ?会う人みんなに聞いてるの」とウンビョル。

 

「覚えていないだろうが、お前は俺を追っかけまわしてたんだ」

 

「メールや電話の嵐だったよ」とテグァン。

 

「本当?」と半信半疑のウンビョル。

 

もう1つ、秘密を教える。「あの人の息子なんだ」と、視線の先にはセガン高校理事長の姿。

 

テグァンはセガン高校理事長の息子だと言う。

 

しかしウンビョルには本当か冗談か分からない。

 

「私には本当か冗談か分からないから面白いでしょうね」とウンビョル。

 

「お前は面白くない」とテグァン。

 

ウンビョルが行こうとすると、「正直に話すよ」とテグァン。

 

「俺がお前のロッカーを壊したのはずっと前の事だ」と。

 

その時はボロカスに言われた、ウンビョルとはその時喋っただけだと明かします。

 

「俺を人間扱いしなかったんだ!」とテグァン。

 

面談

 

相談室では生徒たちの面談が行われています。

 

順番に話を聞かれる生徒たち。

 

「カラオケで清算したのは誰だ?」と聞かれ、ウンビョルの友人はヨンウンがカードで払ったと答えます。

 

「遊ぶ時はだいたい彼女が払っていた」と言います。

 

仲良しでもない女子生徒も化粧品を貰ったと話します。

 

「お小遣いの額が1番すごかった」「お金を出すのはあの子の趣味なのかと思った」と言う生徒も。

 

「沢山もらってるから使うのかと思っていた」「強要したことはない」とウンビョルの友人は話します。

 

そして「ウンビョルは盗んでいない」と言います。

 

ウンビョルはヨンウンからはプレゼントも受け取らなかったと離します。

 

イアンはなぜウンビョルを連れだしたのか?と聞かれます。

 

イアンは「気が動転してるかと思って、落ち着かせようと思った」と答えます。

ミンジュン母とシジン母たちがお店でおしゃべりをしています。

 

またウンビョルが1番だ、と噂話している。

 

シジン母は「いつの時代も遊んでても成績のいい子はいるものです」と。

 

ミンジュン母はウンビョルのロッカーに盗品があった話を持ち出し、学暴委が開かれると話す。

 

そんな子だとは思わなかった・・・と話す母親たち。

 

ミンジュン母が刑事の主人が警察署でシジンに会ったそうよ、と話す。

 

シジン母は知らなかった様子。

 

遅れてウンビョルの母が店にやって来きます。

 

ミンジュン母は「忙しくても娘の管理はしっかりやることね」

 

「他の子に迷惑をかけないように」と嫌みを言います。

 

「何の話?」とウンビョル母。

 

ミンジュン母は「しっかりしましょうね」とだけ言い去ります。

 

他の母親たちも後を追うように店を出ます。

 

シジン母も「約束があるの」と言って行ってしい、1人残されるウンビョル母。

 

1人ぼっちのヨンウン

 

面談を受けた女子生徒たちは集まって、何を聞かれたのか話している。

 

カラオケの事を聞かれた、と答える生徒。

 

「ネックレスの事は誰も知らないの?」と聞くウンビョル。

 

「ヨンウンが何か言ったのよ!頭にくるわ」と愚痴る女生徒。

 

そこへ通りかかったヨンウン。

 

ウンビョルの友人が「ヨンウンを財布がわりにしたのは事実よ」と話しているのを聞いてしまいます。

 

食堂にて。

 

すっかり1人浮くヨンウン。

 

その様子を見た女生徒が噂する「真相はウンビョルが盗んだか、ヨンウンが嵌めたか、よ」と。

 

他の女生徒が「もう1つあるわ、記憶喪失を装ったか」と。

 

「ウンビョルによっては恥よね」と。

 

それを聞いていたウンビョルの友人ソンジュが「適当なこと言わないで」と怒る。

 

ウンビョルたちの席について「気にすることないわ」と。

 

ウンビョルは1人で食べるヨンウンが気になる様子。

 

突然、いじめられていた自分(ウンビとして)の姿を思い出すします。

 

夜、家で母と一緒に仲良くキュウリを顔に乗せてパックしているウンビョル。

 

こうしているととても気分がいい、と母。

 

「記憶をなくす前の貴方はこんな風に大声で笑うことはなかったの」と母は言います。

 

「行方不明になって、反省した」と母は言います。

 

「勉強ばかりさせて本当の貴方を知ろうとしなかったの」と。

 

そして「ロッカー事件のことどうして黙っていたの?」と聞く母。

 

「本当に私が盗んでいたら、ママを悲しませるでしょ?」とウンビョル。

 

母は「ママなりのやり方であなたを助けるわ」

 

「だから心配せず堂々としなさい」とウンビョルの手を握ります。

 

ヨンウン家。

 

自分の部屋から出てこないヨンウン。

 

母がドア越しに話かけても無反応。

 

母が外出すると部屋から出てくるヨンウン。

 

ヨンウンは机に置いてあったお金を取って行く。

 

ヨンウンの涙

 

学校で、花屋がヨンウンに「菊の花はもういらないのか」って言ってるの聞いちゃったの、と噂する女子生徒。

 

その話を聞いてしまうウンビョルの友人ソンジュ。

 

教師達はヨンウンがした事は「自発的なカツアゲ」と、話している。

 

ウンビョルには記憶がないため事情を聴くことは難しい。しかし証拠もあり、学暴委の開会は避けられない、と。

 

協議の結果、委員会が開かれることに。

 

お知らせボードには「学校暴力自治委員会、対象は2年3組の某生徒」と貼り出されます。

 

張り紙を見ていたヨンウンに声をかけるウンビョルの友人たちクラスメイト。

 

菊の花を置いたり、ロッカーの事についてヨンウンに聞きます。

 

カラオケ代を払ったとチクった、と言う女生徒も。

 

「友達にどうしてこんな事をするのか?」と聞くシジン。

 

ヨンウンは「友達?私を友達と思ってる?」

 

「私を財布扱いって認めてたじゃない」と言う。

 

払えと言った事はない、とクラスメイトは反論。

 

ヨンウンは「ないわ、でも普段は無視しているくせに遊ぶ時だけ誘うのは金を出せって意味だわ」と言います。

 

ソンジュは「被害者妄想ね」皆からは「嫌だと断ればよかったのに」と言われます。

 

ヨンウンは「あなた達には簡単よね」

 

「遊びに誘われるためにどれだけ努力したか・・・」と。

 

「皆の望みがお金だったとしても、断れなかった・・・」

 

「嫌じゃないからよ」

 

「どんな形でも友達がほしいから」

 

「恥ずかしいから委員会までは考えてなかったけど気が変わったわ」

 

「いい機会だからウンビョルだけでなく貴方達も罰を受ければいい」と言って去ります。

 

ヨンウンは泣いていました。

 

授業が始まるがヨンウンの姿がありません。

 

担任が聞くが誰も知らない、と言います。そして授業が始まります。

 

暗くなり、誰も居なくなった教室にヨンウンが入って来る。

 

ロッカーで荷物を取っていると、ウンビョルが来て声をかけます。

 

驚くヨンウン。

 

「ロッカーは前に壊されていて、修学旅行前にヨンウンと取り換えたのよね?」と、ウンビョル。

 

記憶が戻ったのか?と驚くヨンウン。

 

「やっぱり」とウンビョル。

 

どうやらヨンウンを試した様子。

 

ヨンウンのロッカーからはウンビョルの教科書が出てくる。

 

ヨンウンはバレた、と言って開きなおります。

 

ウンビョルは「私が嫌いだから犯人にしたの?」と聞く。

 

ヨンウンは「嫌いだった」と答える。

 

「あなたの内申書もプライドもめえちゃくちゃにしてやりたかった」と。

 

「人前で惨めな気分にさせられる気持ちを味わわせたかった」と言います。

 

「なぜ?」とウンビョルが尋ねると、「記憶は戻ってないのね?」とヨンウンは気づく・・・

 

そしてヨンウンは出て行きます。

 

バス停には仲よさそうな女生徒たちがいる。

 

彼女達を見て、ヨンウンは皆と遊びに行った時の事を思い出します。

 

ヨンウンが「学生4人」とカウンターで言うが、ウンビョルは自分の分は払うと言って払います。

 

映画館に来ているウンビョルたち。

 

ウンビョルはヨンウンに「あなたはお金で何を買ってるの?食事?映画券?友達?時間?」と聞く。

 

ヨンウンは「どういう意味?」と驚く。

 

ウンビョルは「ああ、一緒に居る人の時間を買っているのね」と指摘。

 

「私の時間は売りたくないわ」と言います。

 

悔しそうにヨンウンはチケットを握りしめます。

 

バス停に1人でいるヨンウン。

 

結末

 

プールにウンビョルとイアンがいる。

 

「あなたの言った通り、私は生意気で腹の立つ子だったわ」とウンビョル。

 

「盗みの容疑は晴れたけど、気分は晴れない」とウンビョル。

 

イアンは「委員会のせい?」と。

 

「うん、覚えがないのに謝っても意味ないよね・・・」とウンビョル。

 

「無実なんだから喜べ」と言って水の掛け合いが始まる。

 

ホースで水を掛け合い2人ともびしょびしょに。

 

ウンビョルが脚を滑らせてプールへ落下。

 

水の中で身を投げた際の記憶が甦ります。

 

自分を助けてくれた少女の姿を思い出すウンビョル。

 

イアンが慌ててプールからウンビョルを助け出します。

 

茫然とした様子で家に帰るウンビョル。

 

ウンビョルの部屋で「秘密のノート」と書かれたノートを見つける。

 

その中には「愛の家」の写真が挟まれており、驚くウンビョル。

 

「愛の家」に居た頃の思い出がフラッシュバックします。

 

そこへ母親が来て、服がぬれてると心配します。

 

「嫌なことでもあったの?」と聞くが何も言わないウンビョル。

 

「言いたくないのね?わかった、わかった」と言って出て行こうとする母の背中に抱きついて泣くウンビョル。

 

翌日、教室で「ウンビョル」と書かれた名札を見ているウンビョル。

 

先生が来いって呼んでる、と声をかけられ委員会へ。

 

ウンビョルは「全部ではないが覚えている」と証言。

 

別室では担任に話をするヨンウンがいる。

 

「空のロッカーに入れた」

 

「パク刑事が来たので怖くなって嘘をついた」と話すヨンウン。

 

しかし委員会では「ヨンウンの話は事実です」と話すウンビョルの姿があった。

 

そこへ担任と入って来たヨンウンはウンビョルの言葉に驚く。

 

「クラス全員に嫌われる辛さを知っている」と自分の過去のイジメを思い出しながら話すウンビョル。

 

「彼女を傷つけた」と。

 

ヨンウンが1人廊下を歩いていると、テグァンのラジコンがぶつかります。

 

ラジコンについていくと、ヨンウンのロッカーにつく。

 

中には手紙がありました。

 

「心に刺さったトゲを抜けるのは友達の手だけヨンウン私の手を握ってくれる?」とウンビョルからの手紙を読んで涙するヨンウン。

 

その様子を教室の外から見守るテグァンとウンビョル。

 

ヨンウンの家では、自室に鍵をかけることを辞め、カードを母親に返すヨンウンの変化がありました。

 

お小遣いも少しでいい、と言います。

 

そして「転校する、新しくやりなすわ」と。

 

「ママとも、これからはお金ではなく別のやり方でやる」と明るく話すヨンウン。

 

学校では。

 

担任が「ウンビョルの件は無事に誤解が解けて解決した」と生徒に話します。

 

そして「悲しい知らせがある、ヨンウンが昨日転校した」と。

 

「これは強制ではなく、本人の希望だ」と言います。

 

「挨拶もなく?」とウンビョルが言うと担任は「挨拶はしたそうだ」と。

 

しかし誰もされた覚えがない・・・

 

担任は「ヨンウンは絵が上手だそうだ」と言い残し出て行く。

 

HRが終わり、ロッカーに何かを見つける女生徒。

 

クラス全員の似顔絵を描いてロッカーに入れていたヨンウン。

 

クラスメイト達は自分の似顔絵を見て喜びます。

 

ウンビョルの似顔絵には「手を差し伸べてくれてありがとう、いつか本当の友達になれるといいな」とヨンウンからのメッセージが添えてありました。

 

4話につづく・・・

>>無料動画でみる

『恋するジェネレーション』動画日本語字幕第3話のおすすめポイント

『恋するジェネレーション』3話のおすすめポイントですが、「ネックレス事件」の首謀者ヨンウンの活躍です!

 

学生時代にヨンウンみたいな女子っていましたよねぇ。。。

 

金品だけでなく、発言権のある目立つ友達の雑用を自ら買って出る子など、心当たりがあり方もいるのではないでしょうか?

 

昔の話ではなく、現代の学校でもこうした子供同士のグループの立場(カースト)は存在します。

 

大人にとっても考え深い回だったのではないでしょうか?

>>無料動画でみる

『恋するジェネレーション』動画日本語字幕第3話を視聴した人の感想

 

 

 

 

>>無料動画でみる

『恋するジェネレーション』動画日本語字幕第3話まとめ

今回は『恋するジェネレーション』3話のあらすじやキャスト・感想を含め、動画を日本語字幕で無料視聴する方法をご紹介して参りました!

 

3話もクラスで問題が発生しましたねぇ~♪

 

窮地に立ったウンビョルでしたが、問題は何とか解決して良かったですね!

 

それにしても、イアン役のナム・ジュヒョクがウンビョルを連れ去るシーンは胸キュンでしたね~♪

 

流石!学園公式イケメン男子の見せ場でしたっ!

 

『恋するジェネレーション』3話の続きが気になる方はぜひ、日本語字幕動画を無料視聴してお楽しみ下さい♪

>>無料動画でみる

 

本ページの情報は2018年2月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。 ※FODのYahoo! JAPAN IDを利用した31日間無料キャンペーンは6月末に終了します。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

恋するジェネレーション 感想 評価 面白い 口コミ

恋するジェネレーション感想は面白い?口コミで評価・評判を検証してみた

恋するジェネレーション 動画 10話

恋するジェネレーション動画10話日本語字幕無料視聴の配信サイトは?

恋するジェネレーション 23話

恋するジェネレーション23話最終回動画日本語字幕無料視聴の配信サイトは?

恋するジェネレーション 7話

恋するジェネレーション7話動画日本語字幕の無料視聴!あらすじ・感想

恋するジェネレーション 動画 12

恋するジェネレーション動画12話日本語字幕フルを無料視聴するには?

恋するジェネレーション キャスト Wiki カップル

恋するジェネレーションキャストWiki画像付きで紹介!カップルは誰?